qufour

作り置きで、お弁当におかずに!ピーマンを味わう「キンピラ」レシピ5選

Heidi

シェアする この記事をクリップする   

キンピラといえば常備菜の定番ですね。今回は、緑が鮮やかなピーマンを主役にした、シャキシャキ食感がたまらないキンピラレシピを5つご紹介します。キンピラといえば、どうしても「茶色」を想像してしまいがちですが、ピーマン効果で彩りもアップ!お弁当のおかずや、ちょっとしたおつまみにも使えますよ。

 

エノキ入り、ゴマ油と煎りゴマの風味が効いた甘辛キンピラ

レシピブログ  ピーマンきんぴら(yukarinko)

ゴマ油と煎りゴマが香る、甘辛い味付けのエノキ入りキンピラです。ピーマンは縦半分に切り、種を取って千切りにします。エノキは石突きを取って3等分に。中火で温めたフライパンへゴマ油を引き、ピーマン、エノキがしんなりするまで炒めたら、砂糖とめんつゆを加えて汁気がなくなるまで炒めます。火を止めて煎りゴマを加えたら完成です。調味料を加える前の火加減が強いと水分が一気に飛んで焦げるので、気を付けましょう。甘辛のしっかり味付けなので、苦手な子どもの克服メニューになるかもしれませんね。

 

ハムの塩気であっさり!ピーマンとニンジンで彩り鮮やか

レシピブログ  ピーマンとにんじんのハム塩きんぴら(あこ)

野菜のシャキシャキ感とシンプルな味付けで、箸が止まらないキンピラです。ニンジン、ピーマン、ハムは細切りにします。フライパンを中火で熱してゴマ油を引き、塩を入れてパチパチと音がしてきたらニンジン、ハムを入れてさっと炒めます。次に、酒とピーマンを加えて水分を飛ばしながら炒め、最後に白ゴマを振り混ぜて完成です。ハムによって塩分が違いますので、加える塩の量で調整してくださいね。

 

たっぷり作って作り置きしたいジャガイモ入りキンピラ

レシピブログ  ピーマンとじゃが芋のきんぴら(すみねえ)

家にある定番食材「ジャガイモ」とピーマンで作る1品です。ジャガイモは皮を剥いて太さ1cm程度の拍子木切りに、ピーマンは縦半分に切って種を取り、太さ1cmに細切りにします。フライパンへゴマ油を引き、ジャガイモに軽く火が通るまで炒めます。ピーマンを加えてサッと炒めたら、酒、醤油、みりん、砂糖と輪切りの唐辛子を入れて水分がなくなるまで中火で煮ます。最後にゴマを散らし、完成です。子どもの好きなジャガイモとピーマンの取り合わせなら、子どももパクパク食べてくれますね。

 

カボチャの食感が楽しい!甘味でピーマン苦味も抑えた1品

レシピブログ  副菜にぴったり「かぼちゃとピーマンのきんぴら炒め」&「美々卵のきつねうどん」食べてみました(かめきちパパ)

カボチャの甘みでピーマン嫌いも食べられるキンピラです。崩れやすいカボチャは1cmくらいの拍子木切りにし、耐熱皿へ入れてラップをかけ、500Wのレンジで30秒加熱します。ピーマンは種を取り、5mm幅の細切りにします。中火で熱したフライパンへサラダ油を引き、カボチャとピーマンを炒めます。全体に油が馴染んだら、醤油、みりん、塩、ゴマ油を合わせた調味料を加えて、煮汁が少なくなるまで炒めます。最後に白ゴマを加えて軽く混ぜ合わせたら完成です。

 

ゴボウに赤と緑の彩り添えるピーマンのキンピラ

レシピブログ  ピーマンとごぼうのきんぴら(ミサコ)

ゴボウのキンピラに赤と緑のピーマンを加えて、彩りを添えました。ゴボウは洗って細切りにしたら、水に浸けてアク抜きをし、ザルへ上げておきます。ピーマン、赤ピーマンは種を取り、細切りに。フライパンを熱し、サラダ油を引いてゴボウを炒めます。油が馴染んだところへピーマンと赤ピーマンを加え、酒、みりん、醤油を加えて炒めましょう。最後に白ゴマを加えて完成です。汁気が少ないので、お弁当のおかずとしてもおすすめですよ。

 

まとめ

1袋にたくさん入って売られている「ピーマン」は、つい余らせてしまいがち。さっと炒めて作れるキンピラは、大量消費もできる、常備菜のバリエーションとして役立ちますよ。日持ちもするので、作り置きにも便利ですね。

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

Heidiさん

Heidi / 熊本県

キャンプ大好き。大自然の中、の〜んびり読書したりヨガしたり昼寝したりしています。
料理(お菓子作りは苦手)、テーブルコーディネート、花、コスメなども好きです。
ファッションはシンプル系が好きです。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る