qufour

気になる美白、シミ・シワ…「秋の肌」に効く「ハーブティー」5選

ことり薬草(ハーブセラピスト)

シェアする この記事をクリップする1997view   1 

季節の変わり目は、体調や肌の調子が今ひとつということはありませんか。今回は、そんな女性の肌トラブルに注目して、肌の炎症を抑えたり、メラニンの生成を抑える作用のあるハーブを5つご紹介します。日差しがやわらいだとは言え、秋の肌は紫外線や乾燥によるビタミン不足や保湿不足で外的な刺激に敏感になっています。ハーブティーの作用を利用して、体の中から、シミ、ソバカス、シワ、たるみを防ぎ、美肌、美白を目指しましょう。

 

【ローズヒップ】ビタミンCの爆弾!シミ、シワを予防と弾力を

ローズヒップは、ビタミンCをレモンの10倍以上含有し、ハーブ界では「ビタミンCの爆弾」と呼ばれています。ビタミンCは、肌荒れ、シミ、シワ、たるみ、くすみ、日焼けによる色素沈着などを改善してくれるため、肌が紫外線を浴びたときに補給したい栄養素の代表です。疲労回復効果のあるクエン酸を多く含むハイビスカスとブレンドすることが多く、女性に人気のハーブティーです。ローズヒップ単品だとトマトの酸味のような味がします。

 

<ローズヒップティー>

  • ドライローズヒップ:小さじ2
  • 熱湯:300ml

温めたティーポットにドライローズヒップを入れて、熱湯を注ぎ4分蒸らす。

 

【ルイボス】抗酸化力でシミ、シワ、たるみを改善!

ルイボスティーには優れた抗酸化力があります。シミやソバカス、シワやたるみなどの原因となる活性酸素に対抗し、お肌の酸化を防いでくれるのです。またメラニンの生成を防ぎ、肌の再生、ターンオーバーを促す効果もあるため、美肌、美白にはぴったりのお茶です。これらの予防に日ごろから習慣的に飲むことはもちろん、紫外線をたっぷり浴びてしまったあとも、たくさん飲みたいもの。ルイボスティーはほのかな甘味のある独特の香りが特徴です。最近ではスーパーや自然食料品店などでパックになったルイボスティーが市販されているので、手軽に飲めるので便利です。

 

<ルイボスティー>

  • ルイボスティーのティーバック:1袋

ティーバックに記載の方法でハーブティーを入れます。ルイボスティーはホットでもアイスでも美味しくいただけます。作り置きしたハーブティーは冷蔵庫に入れ、1週間以内に飲んむようにしましょう。

 

【ヒース】美白といえばヒース!美容にこだわる女性の味方です

ヒースには天然の「アルブチン」という成分が含まれています。ヒース単品は少し手に入りにくいかもしれませんが、ハーブ専門店で購入できます。含まれている「アルブチン」にはメラニンの生成を抑え、日焼けによる色素沈着やシミやソバカスを予防する作用があります。またアルブチンは、ビタミンCと合わせて摂ると相乗効果があるとされるため、先にご紹介したローズヒップティーに少量加えるとさらに美肌、美白効果のあるハーブティーができますよ。

 

<ヒース&ローズヒップティー>

  • ヒース:小さじ1/2
  • ローズヒップ:小さじ2
  • 熱湯:300ml

温めたティーポットへヒースとドライローズヒップを入れて、熱湯を注ぎ4分蒸らす。

【マリーゴールド】別名「カレンデュラ」で、潤うモチモチ肌に

マリーゴールドは、別名を「カレンデュラ」、日本では「キンセンカ」とも呼ばれるキク科の花で、コラーゲンの合成を促す作用があります。花びらを乾燥させたマリーゴールドティーは、紫外線による乾燥肌に潤いを与え、たるみやシワを防ぎモチモチ感のある肌質に整えてくれます。また、炎症を抑える作用もあるため、日焼け後のヒリヒリ肌や肌荒れのときにおすすめのハーブです。クセのないお茶ですが、少しだけ苦味があります。マリーゴールドはキク科の花ですので、キク科アレルギーの方は注意をしてお飲みください。

 

<マリーゴールドティー>

  • マリーゴールド:大さじ1
  • 熱湯:300ml

温めたティーポットにマリーゴールドを入れて、熱湯を注ぎ3分蒸らす。

 

【ラベンダー】炎症を抑えお肌を引き締め!緑茶にひとつまみ

ラベンダーは、香りにリラックス効果があることで知られていますが、実は日焼け肌の炎症を沈静化し、お肌を引き締める作用があります。ラベンダー単品をお茶として飲んでもいいのですが、今回ご紹介するのは緑茶にひとつまみ入れる方法です。緑茶はビタミンCも豊富ですから、美肌に効果的なお茶ができます。リラックス効果もある香り高いラベンダー緑茶を、ぜひ試してみてください。ただし妊娠中の方は、ラベンダーティーは避けてください。

 

<緑茶&ラベンダーティー>

  • 緑茶:大さじ3
  • ラベンダー:小さじ1/2
  • 湯: 300ml

普段どおり緑茶を淹れる際に、数粒のラベンダーを加える。

 

まとめ

いかがでしたか。今回は、秋の肌トラブル対策や、美肌、美白効果のあるハーブをご紹介しました。秋冬の乾燥に備えて、ハーブティーで楽しく美味しく簡単にお肌のケアをしていきましょう!

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

ことり薬草(ハーブセラピスト)さん

旅するハーブセラピスト。メールでのカウンセリング調合や、イベント出店などの活動をしています。忙しい日々の中で簡単に取り入れられる、症状別のブレンドハーブティーや季節にあわせたハーブドリンクのレシピ、メディカルハーブの効能や使い方などもご紹介します。
ことり薬草 http://cotoriherb.com/

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る