qufour

型紙ナシでOK!直線縫いだけで作る、家族の「ネックウォーマー」の作り方

yuppon

シェアする この記事をクリップする18028view   0 

子どものネックウォーマーを手作りしてみませんか。今回は、直線縫いだけで作る簡単なネックウォーマーの作り方をご紹介します。裏地にフリース素材を付けて、温かさをアップさせましょう。

 

用意するもの

  • 表生地用のニット生地:51×20cm((頭囲+2cm)×20cm)
  • 裏生地用のファー生地:51×20cm((頭囲+2cm×20cm)
  • ミシン糸(ニット用)
  • ミシン針(ニット用)
  • ミシン

 

ネックウォーマーの首回りは、帽子の頭周りサイズくらいがちょうどいいと言われます。帽子のサイズを参考に、メジャーを子どもの頭の周りに当ててサイズを計りましょう。我が家の子どもは頭囲が49cmだったので縫いしろを2cm足して、51cmで作ることにしました。生地は、横方向へ伸びるように裁断してくださいね。

 

作り方1 :表生地と裏生地を中表に重ねる

表面を上にして表生地を置き、裏生地のもこもこした面を下側にして重ねて合わせます。表生地と裏生地の、表面が付き合わさった状態です。重ねたら、ところどころへまち針を打ちます。

 

作り方2:長辺をミシン掛け

長辺2辺を裁ち切りの1cm内側を直線縫いして筒状にします。生地が滑ってずれやすいので、ゆっくりと縫い、ときどきミシンを止めて生地を重ね直しながら縫っていきましょう。

 

作り方3:筒に手を入れて裏返す準備をする

筒状に縫えたら、中へ手を入れて、まくし上げ、出口の布端をつかみ、布端を入り口の布端まで引っ張って、ひっくり返しましょう。

 

作り方4:同じ生地同士を合わせて縫う準備をする

ひっくり返った布地は、同じ布同士が中表になるように端を合わせ、まち針で止めます。

 

作り方5:合わせた布端を縫い合わせる

合わせた布の、端から1cm内側を表布側からぐるっと一周、直線縫いします。このとき、裏生地の5㎝くらいは縫わずに残し、返し口を作っておきます。

 

作り方6:布を表側に返し、返し口をまつり縫いする

返し口から内側の生地を引っ張り出して、表に返します。最後に返し口を、手でまつり縫いしたら完成です。

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

yupponさん

yuppon / 神奈川県

毎日2人の男子と戦ってます!一人の自由時間が増えて好きなことに取り組めるようになりました。よりよい記事を目指して日々がんばります!

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る