qufour

フランスママに学ぶ「小さな大人服を着て育つ」フランスの子ども服事情

石狩熊子

シェアする この記事をクリップする5936view   0 

数々の有名ファッションブランドが生まれているフランスですが、子どもたちは普段どんな服を着ているのでしょうか。今回は、フランスの「子どもたちの服装」をご紹介します。フランスの子ども服は、大人と同じデザインの服が主流。リボンやフリルなどの飾りは付いていないシンプルなものが多いです。また秋冬には、グレーやブラウンなど落ち着いた色合いが多く、くすんだフランスの街に溶け込むような子ども服が多くあります。

 

「通園・通学は傘禁止?!」絶対に外せない洋服選びの条件

実はフランスでは、雨の日に傘を差しての通園・通学が禁止されています。傘を持つと、男の子たちはフェンシングの真似をして遊ぶ子が多く、事故防止のための禁止措置なのだそう。大雨のときは、保護者同伴なら門前までの傘利用が認められていますが、園内・校内への傘の持ち込みは禁止です。そのため子どもたちは、雨風を通さない帽子の付いた上着を必ず着て学校へ通います。秋冬に着るものは、日本で言う雨合羽よりももう少し機能的で、防水機能に綿入りの防寒コートのようになっています。幼いころからの習慣のせいか、フランス人は上着を選ぶとき、帽子の付いた洋服を好んで選びます。

 

靴はシンプルな「バレリーナ」や「ブーツ」が人気

子どもたちの靴も、日本に比べるとカラーバリエーションが少なく、形もシンプルなものが多いです。冬場は特に、黒、紺、茶、グレーなどのブ-ツや、写真中央手前にある「バレリ-ナ」と呼ばれるフラットシューズが一般的で、女の子だとあまり運動靴は履きません。運動靴は、幼稚園や学校で体操の授業があるときだけ履く子が多いです。運動好きな男の子なら、日本と同じくスポ-ツメ-カ-のスニーカーが人気です。

 

洋服の好みは親子で別々が当たり前、「親子コーデ」はしない!?

フランスでは、兄弟や姉妹でサイズ違いの同じ洋服を着ている子どもはいても、親子おそろいいのいわゆる「親子コーデ」をしている人はいません。親子なので好みが似ることはあっても、出掛けるときに同じような服装になると、かぶらないように着替えることもあるくらいです。そして兄弟姉妹でも、同じ洋服を着て出かけるのは小学校の低学年までで、基本は自分で服を選んで出掛けています。 

 

親好みの服を子どもに買えるのは小学1年生まで

フランスの子どもは、自分の好き嫌いがハッキリしています。自分の洋服がお友達と同じでも、特売品でも、お下がりでも、自分の好みの服なら全く気にしませんが、親が選んで買った自分好みではない服を着るのは、断固拒否します。どんなに文句を言わない子でも、親が選んだ服を着てくれるのは小学1年生までが限度です。そんなお国柄なので、どこの衣料品店でも「これ、どう?」と、子どもに聞いているママの姿が見られます。

 

同じ服なら親近感をもつけど、基本は他人の服装は気にしない

フランスの子どもは「自分の好み」で洋服を選んで着ているので、ほかの子の服を「あの子の服が欲しい!」と言い出すことがなく、逆にほかの子と着ている服が同じでかぶっても全く気にしません。子ども同士では、服が同じだと好みが合うといって親密度が増すこともあるようです。洋服の話で盛り上がるのは、小学校高学年くらいからなので、このあたりは日本とあまり変わりがないのではないでしょうか。男の子は、どちらかと言うと洋服よりも髪型の方が興味の対象になっています。

 

子ども服のお下がりは当たり前の文化、好みでなければ寄付

長く着ることなくサイズアウトしてしまうことが多い成長期の子ども服は、親戚、友人、近所など、着られそうな子どものいる家へ回っていきます。年齢が上がったらお下がりをもらわなくなることもなく、高校生でも年上の親戚や知人から服が回って来ることがあります。といっても自分好みでない服の場合は、状態の良ければ赤十字などの団体に寄付します。また寄付先は赤十字などのほか、汚したときの着替え用に、幼稚園や小学校ということもあります。

 

パステルカラ-、リボン、フリルなどのデザインは少ない

フランスでは、日本のような可愛らしいデザインや、リボンやフリルの付いたものもほとんど見かけません。パステルカラ-も少なく、色ものであれば、赤、青、緑などの原色やオレンジ、紫などを多く見かけます。ロゴやイラストが目立つデザインも少なく、柄であれば細かい連続柄が多いです。一般的には無地の洋服が多く、シンプルでどの洋服にも合わせやすいデザインが好まれています。

 

朝晩の寒い夏、屋内の温かい冬で「衣替えナシ」の重ね着文化

真夏でも朝晩は冷え込むフランスには、四季はありますが、衣替えはありません。夏でも日没後は20℃を下回るので冬用の上着が必要ですし、真冬でもセントラルヒーティングのある都会や暖炉のある家の中は暖かく真夏の薄い洋服で過ごせるため、洋服を季節ごとに入れ替える習慣がないのです。強いて言えば、夏のサンダルと冬のブ-ツや防寒具が季節アイテムなくらいです。シンプルな服とそのような気候もあって、洋服の重ね着が当たり前のフランスでは、子どものころから大人と同じようなデザインの服で、重ね着コーディネートを訓練しているのかもしれませんね。

 

フランスママに学ぶ「子どもがいても結婚しないパパとママ」の暮らし

石狩熊子さんの記事一覧

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

石狩熊子さん

石狩熊子 / 東京都

在仏17年、田舎暮らしを満喫中の小・中・高校生の4児の母。
趣味は地元の年寄りたちとのお茶飲み&ツイッタ-。人生は楽しく生きたいタイプ。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る