qufour

和えるだけ!苦みが少ない「生の春菊」サラダ5選、クリスマスにも!

yuppon

シェアする この記事をクリップする1134view   0 

旬の野菜「春菊」は、青臭さや苦みから敬遠されがちですが、サラダでいただくと不思議とモリモリ食べられてしまいます。今回は「春菊」を使った、クリスマスにもピッタリな彩りきれいなサラダを5品ご紹介します。特に、この時期の「春菊」は、茎や葉が柔らかいので、生でいただくと青臭さと苦みも少なく、美味しくいただけます。サラダでも食べられる、大葉春菊が見つけられるといいのですが、見つけられなければ、一般的に、葉の切れ込みが浅めのものが、香りや苦みが少ないので、購入する際の参考にしてみてください。

 

春菊をリンゴとハチミツの甘さで包み込んで

レシピブログ  春菊とりんごのサラダ(ゆりり)

春菊とクルミのほろ苦さが、リンゴとハチミツのドレッシングに包まれた、ちょっと大人向きなサラダです。春菊は、葉の部分だけ摘み、リンゴは皮を付けたまま8等分にして、縦5mm幅位の薄切りにします。オリーブオイル、酢、塩麹、ハチミツを合わせてドレッシングを作っておきましょう。ボウルへ、春菊、リンゴ、適当な大きさにちぎったレタス、粗く刻んだクルミを入れ、ドレッシングを加えて手で和えれば出来上がりです。リンゴは蜜入りがあると、甘みが引き立ちます。

 

ゴマ油と粒コショウで食欲をそそる中華風

レシピブログ  春菊とトマトのサラダ(きばな)

風味豊かなゴマ油と粒コショウで、たくさんいただける春菊とトマトのサラダです。春菊の葉先をちぎって冷水でパリッとさせ、よく水気を切っておきます。トマトはダイス状に切り、そばつゆ、酢、ゴマ油とよく和えて、しばらく置いておきましょう。食べる直前に春菊と和え、半分くらいすったゴマ、すった黒、白、グリーン、ピンクの4種類の粒コショウを掛けて完成です。

 

爽やかな伊予柑を使ってさっぱりと

レシピブログ  春菊と伊予かんのサラダ(はちみつりんご)

ほろ苦い春菊が、伊予柑で爽やかな食べ心地になったサラダです。水で洗った春菊は、葉と茎に分けてしっかりと水分を切り、伊予柑は皮を剥き、クルミは乾煎りして小さく切っておきます。ボウルに白ワインビネガー、オリーブオイル、塩コショウを混ぜておきましょう。食べる直前に、春菊、伊予柑を器へふんわりとよそり、ドレッシングで和え、塩で味を調えます。クルミをトッピングして完成です。

 

シンプルな味付けで、柿の甘みが春菊にほど良くマッチ

レシピブログ  しりとりみたいな食材!? 柿と春菊のサラダ(kitten遊び)

春菊とマッチした味付けもシンプルなサラダです。春菊は葉を手でちぎり、柿は1cm位の角切りにしておきます。オリーブオイル、酢、塩コショウを混ぜてドレッシングを作り、春菊、柿、乾煎りしたクルミで和えれば完成です。

 

赤黄緑の彩りに、ゴマ油で炒めたじゃこがアクセント

レシピブログ  風邪予防にビタミンACEパワー「春菊と赤黄ピーマンのサラダ」♪(石田美由紀)

ゴマ油で炒めたちりめんじゃこがアクセントとなった赤と黄色のピーマンと春菊のサラダです。ゴマ油を熱したフライパンで、ちりめんじゃこをカリカリになるまで炒めます。食べやすい大きさに切った春菊、スライサーで薄くスライスした赤と黄のピーマンの順に器に盛り、炒めたちりめんじゃこを油ごとジュッとかけて出来上がりです。ゴマ油がアツアツのうちにかけてくださいね。

 

まとめ

いかがでしたか?敬遠しがちな春菊も、サラダにすると美味しくいただけるので、ぜひ挑戦してみてください。ほかにも春菊を使ったサラダを紹介している記事があるので、参考にしてくださいね。

 

生食の方が苦くないって知ってた?春菊を美味しく食べるサラダアレンジ

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

yupponさん

yuppon / 神奈川県

毎日2人の男子と戦ってます!一人の自由時間が増えて好きなことに取り組めるようになりました。よりよい記事を目指して日々がんばります!

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る