qufour

おせちの残りをリメイク!いつもと違う豪華食材の「おせちパスタ」5選

じゅん(管理栄養士)

シェアする この記事をクリップする1569view   0 

お正月に用意したおせち、いつも飽きて残ってしまう悩みはありませんか?今回はおせちに飽きたころに作る、「おせちリメイクパスタ」をご紹介します。おせち料理に使われる食材って、豪華ですよね。その食材を使って、いつものパスタとは違った、豪華なパスタを作ってみませんか。

 

数の子リメイク!プチプチした食感が楽しいバター醤油パスタ

レシピブログ  数の子と青豆のガーリックバター醤油パスタ(ぱお)

数の子とバター醤油が相性抜群のパスタです。数の子は30~60分、めんつゆ、みりんに漬け込み、半分はすりおろし、残りの半分は小さくちぎります。パスタを茹でている間に、フライパンへオリーブオイルを引き、スライスしたニンニク、玉ネギスライスの順に炒めましょう。そこへパスタの茹で汁を加え、よく混ぜます。パスタを表記時間より1分ほど茹で上げ、フライパンへ入れ、ちぎった数の子、茹でた枝豆、バター、めんつゆを加えて絡めます。最後に、すりおろした数の子を散らして出来上がりです。お好みでネギを散らしましょう。おせちの数の子をあえて残して、作りたくなるパスタです。

 

有頭エビをリメイク!濃厚スープのビスク風パスタ

レシピブログ  【簡単レシピ】おせちのエビで!濃厚なエビのビスク風スープパスタ(圧力鍋研究家 さいとうあきこ)

エビの旨味がたっぷり染み出たスープパスタです。酒蒸しの有頭エビの頭と殻を取り、身を取り出します。頭はダシが出やすいように2等分しておきましょう。圧力鍋へオリーブオイルを引き、粗みじんにした玉ネギとセロリとニンジンを炒めたところへ、エビの頭と殻を入れて3分ほどよく炒めたら、白ワインを加えて熱し、アルコールを飛ばします。水を加え、圧力鍋のフタを閉めて強火にかけ、圧力がかかったら弱火にして2分加熱しましょう。火を止めて圧力が下がったら、ザルなどを使って野菜やエビを押し付けながらスープをこします。トマト缶を加えて沸騰させたら弱火にし、生クリームを加え、塩コショウで味を整えます。茹でたパスタと絡めて、刻んだエビの身と粗びき黒コショウを散らして完成です。圧力鍋がない場合は、水を加えて強火で沸騰させたら、弱火にして煮込みましょう。

 

筑前煮をリメイク!ミートソースが絡んだマカロニグラタン

レシピブログ  * 筑前煮 リメイク ♥ マカロニ・ミートグラタン♫(Alice)

おせちで残りやすい筑前煮をグラタンにリメイク。マカロニが入っているので、ボリューム満点です。鍋でマカロニを茹でます。耐熱皿へ、汁気を切った筑前煮、マカロニ、ミートソース、モッツアレラチーズ、パルメザンチーズの順に重ねていきます。手軽に作りたい場合は、市販のミートソースを使いましょう。250℃に予熱したオーブンで10~15分焼き上げ、チーズがとろっとしているアツアツのうちに召し上がれ。

 

なますをリメイク!さっぱりベトナム風サラダパスタ

レシピブログ  * なますリメイク ♥ ベトナム風ペンネサラダ♪(Alice)

なますの酸味にナンプラーとスイートチリソースを合わせた、ベトナム料理風のサラダパスタです。鍋でペンネとモヤシを別々に茹でて、水気を切っておきます。キュウリは斜め薄切りにしたものを半分に、ミニトマトは半分に切りましょう。鶏ササミは耐熱容器へ入れ600Wの電子レンジで3分加熱し、冷水で粗熱を取ったら、小さめに割きましょう。ナンプラー、スイートチリソース、オリーブオイル、塩コショウをよく混ぜてドレッシングを作ります。ペンネ、モヤシ、なます、キュウリ、トマト、ササミ、パセリ、作ったドレッシングを混ぜ合わせ、パクチーで彩りをプラスしたら完成です。

 

イクラとスモークサーモンをリメイク!大人味のパスタ

レシピブログ  いくらとスモークサーモンのパスタ(本村美子)

イクラとスモークサーモンが残っていたら作りたい、大人な味のパスタです。フライパンへオリーブオイルを引き、みじん切りにしたニンニクとドライトマトを香りが出るまで炒めます。長さ5cmに切った小松菜、一口大に切ったスモークサーモンを加えて炒め、昆布茶を加えます。そこへパスタの茹で汁を加え、1分短く茹でたパスタを絡めます。最後に醤油、塩コショウで味を調えましょう。パスタを皿へ盛り付け、イクラとスモークサーモンを乗せて出来上がりです。

 

時短アイデア!パスタの茹で時間を短くするには?

パスタは種類や太さによって茹で時間が異なりますね。太いスパゲティーだと茹で時間も10分以上かかるので、時短したいと思うこともあると思います。パスタの茹で時間は、乾麺の状態で水に浸けておくことで短縮できます。パスタの太さにもよりますが、1~2時間ほど浸けておくと、茹で時間が半分以下に短縮できますよ。

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

じゅん(管理栄養士)さん

チョコレートと漬物が好きな管理栄養士です。現在、子育てに奮闘中。体力の衰えを感じながら、子どもと公園を走り回っています。家事の効率化とシンプルライフを目指して、日々の生活を見直し中です。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る