qufour

残ったおせちを何とかしたい!子どもも喜ぶ「田作り」絶品リメイク5選

nontroppo

シェアする この記事をクリップする   

お正月が明けるころ、重箱の隅に残りがちなのが「田作り」ですね。今回は、子どもが食べにくい田作りを、ふりかけやピザ、炊き込みごはんなど、子どもの大好きな味にリメイクするアイデアを5つご紹介します。冬休みのおやつや、休み明けのお弁当にも大活躍ですよ。

 

田作りの味を活かして、お弁当にもOKなふりかけに

レシピブログ  田作りをリメイク!絶品! ふりかけ ☆(四万十みやちゃん)

冬休み明けのお弁当にも重宝しそうな香ばしいふりかけです。田作りはクッキングシートの上に広げ、600Wのレンジで1分30秒ほど加熱したら、取り出して冷ましておきましょう。カツオ節と、冷めてカリッとなった田作りをフードプロセッサーに掛けて細かくし、白ゴマを加えて混ぜれば出来上がりです。フードプロセッサーがなければ、すり鉢とすりこぎで好みの細かさまで砕いてもいいですね。

 

田作りにチーズが合う!餃子の皮で簡単ピザ

レシピブログ  おせちのリメイクレシピ~子どもも喜ぶ♪パリパリピザ~(武田真由美)

餃子の皮に田作りとトマトやチーズなどを乗せ、トースターで焼くだけのお手軽ピザです。3種類の少ない材料で作れるので、冬休みのおやつにもいいですね。ミニトマトはクシ形に切っておきましょう。餃子の皮の上に「田作り、ミニトマト、チーズ」「田作り、コーン、チーズ」「田作り、刻んだ青ネギ、チーズ」の3種類を、それぞれ順番に乗せ、トースターで3分ほど焼けば完成です。チーズがとろけたアツアツを召し上がれ。

 

タレ不要!残りごはんで作れる五平餅

レシピブログ  小魚の佃煮をリメイク♪(あず)

残りごはんに刻んだ田作りとナッツの佃煮を混ぜてよく揉み、形を整えてトースターで焼いた、食感が楽しい五平餅です。残りごはんはレンジで温め、刻んだ田作りとナッツの佃煮、片栗粉を加えたら、ラップに包んでよく揉みます。5mmほどの厚さに伸ばし、割り箸に巻き付けて、ラップの上から形を整えます。天板にクッキングシートや油を塗ったアルミホイルを敷いたトースターや、魚焼きグリルへ五平餅を並べ、焼き色が付くまで焼けば出来上がりです。田作りやナッツの佃煮の味で、タレなしでそのままいただけます。クッキングシートは発火の恐れがあるので、直火グリルでは使わず、トースターでも温度や時間に十分注意して使ってくださいね。

 

田作りに気付かずパクパク!?みんな大好きな炊き込みごはん

レシピブログ  田作りの残りで*ヘルシー炊き込みごはん(rii)

田作りを細かくして炊き込むので、小魚が苦手な子どもも食べられる炊き込みごはんです。米は洗ってザルに上げ、水気を切っておきます。糸こんにゃくと田作りをフードプロセッサーに掛けて細かくし、干しシイタケとヒジキは戻しておきます。ゴボウはささがきにして水にさらし、アク抜きしておきましょう。炊飯器に米を入れ、通常より少し少なめに水加減します。糸こんにゃくと田作り、細切りにした干しシイタケとニンジン、水気を切ったヒジキとゴボウ、さやから出した枝豆を入れ、醤油、みりん、酒、塩、砂糖、粉末和風ダシ、あれば昆布茶を入れ、軽くかき混ぜて炊飯すれば出来上がり。フードプロセッサーの代わりに、包丁で細かく刻んでもいいでしょう。

 

お弁当にもおつまみにも!カリッと美味しいかき揚げ

レシピブログ  田作りと生姜のかき揚げ弁当(椿)

田作りの味で美味しく食べられる、カルシウム豊富なかき揚げです。田作り、千切りにしたショウガと玉ネギに、小麦粉を加えて混ぜ、水を加えてさらに軽く混ぜます。スプーンを使って、油を多めに入れたフライパンへ落とし、低温で両面をじっくり焼きましょう。火が通ったら、強火でカリッとさせ、器に盛って塩を振っていただきます。お弁当には、油をしっかり切ってから入れてくださいね。

 

まとめ

干した小さなカタクチイワシに甘辛いタレを煮絡めた「田作り」。田植えのときの肥料としてイワシが使われていたことから名付けられた、豊作を願う祝い肴です。骨ごと食べられる小魚はカルシウムたっぷりなので、残った田作りも、ちょっとした工夫で美味しく食べたいものですね。

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

nontroppoさん

nontroppo / 埼玉県

ライフオーガナイザー。ズボラでも簡単にすっきり暮らすための収納や、生活の仕組み作りを模索中。
料理、お菓子作りのほかに、洋服やインテリア小物なども手作りするのが好きです。
高校生の息子の母です。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る