qufour

今が旬、あのほろ苦さが好き!寒い季節に旨い「春菊」のごはんアレンジ5選

ミーナ

シェアする この記事をクリップする1391view   0 

寒くなると鍋料理によく登場する「春菊」ですが、ごはんと一緒に料理すれば、新たな魅力を発見できますよ。今回は、濃い緑で柔らかい葉が特徴の春菊を使った、ごはんのアレンジレシピを5品ご紹介します。ほんのり苦い春菊を、混ぜごはん、チャーハン、炊き込みご飯などにして、バラエティー豊かな味わいを楽しみましょう。彩りもキレイで、食欲が湧いてきますね。

 

緑とピンクのハーモニー!春菊とシャケの混ぜごはん

レシピブログ  「鮭と春菊の混ぜご飯」(ほ助)

炊いたごはんに具を混ぜるだけの、手軽さが魅力の1品ですね。生鮭は塩を振ってしばらく置き、キッチンペーパーで水分を拭き取ってフライパンで焼き、身をほぐします。ボウルへ、刻んだ春菊の葉、炊き立てのごはん、白だし、みりんを入れてしっかり混ぜましょう。そこへ、鮭と白炒りゴマを加えてざっくりと混ぜ合わせれば出来上がり。刻んだユズの皮を少量乗せると、さわやかな香りが楽しめますよ。

 

焦がし醤油がポイント!春菊と桜エビのチャーハン

レシピブログ  春菊と桜エビの焼飯(yuu。)

春菊の苦味と桜エビの香ばしさが引き立て合う、チャーハンですよ。フライパンへ桜エビを入れて乾煎りし、香りが立ったらサラダ油とごはんを加えて炒めます。そこへ、長さ2cmに切った春菊、顆粒和風ダシ、塩、コショウを入れて軽く混ぜましょう。フライパンのフチへ醤油を垂らし、ほんのり焦がして全体に絡めれば出来上がり。紅ショウガを添えると、彩りがきれいですね。

 

バター風味が◎春菊とシメジの洋風炊き込みごはん

レシピブログ  春菊ときのこのデミバター炊き込みごはん(satohaha)

ピラフのような味わいで、子どもも喜ぶ炊き込みごはんですね。春菊は塩を加えた熱湯で茹で、水気を切ってみじん切りにします。みじん切りにした玉ネギとニンニクを、バターを熱したフライパンでしんなりするまで炒めましょう。炊飯釜へ、米、水、デミグラスソース、顆粒コンソメ、塩を入れて混ぜたら、炒めた玉ネギとニンニク、シメジを乗せて炊き上げます。15分蒸らし、春菊、パプリカパウダー、黒コショウを加えて混ぜれば完成。

 

お弁当にぴったり!春菊の苦味がクセになる大人のおむすび

レシピブログ  相方のためのおにぎりレシピ(Mako)

ゴマ油で炒めた春菊が食欲を刺激する、モリモリ食べたい1品ですね。春菊は熱湯でサッと茹で、水気を絞って細かいザク切りにし、ゴマ油を熱したフライパンで軽く炒め塩てを振ります。別のフライパンで、干しエビ、ゴマ油、みりんをサッと炒めます。ボウルへ、炒めた春菊と干しエビ、温かいごはんを入れて切るように混ぜたら、お好みの形に握って召し上がれ。全体に白ゴマを振ると、美味しさUP。

 

たっぷり香味野菜が絶品!春菊と長ネギのチャーハン

レシピブログ  春菊とスパイスのエスニック炒飯(mukoai)

隠し味にナンプラーを使った、エスニック風のチャーハンですよ。春菊は一口大に切り、長ネギは斜め薄切りにします。フライパンへ、ゴマ油、千切りのショウガ、みじん切りのニンニクを入れて弱火にかけ、香りが立ったら長ネギと春菊を加えて、しんなりするまで炒めます。そこへ、ごはん、醤油、ナンプラー、中濃ソース、酒、みりんを入れてよく混ぜ合わせ、乾燥バジルとパセリ、白炒りゴマを加えて一混ぜすれば出来上がり。

 

まとめ

我が家の娘たちは、春菊の苦みが苦手なようです。すき焼きや寄せ鍋などに入れても、なかなか箸をつけません。でも、刻んで卵焼きに入れたり、卵とチャンプルーにすると、喜んで食べてくれますよ。少しずつ味を覚えて、あの美味しい苦さを、少しずつ好きになって欲しいなと思っています。

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

ミーナさん

ミーナ / 埼玉県

こんにちは。娘が二人いる、のんびりママです。
子育ては、大変なお仕事!だからこそ、自分の時間も大切にしたいですよね。
私のお気に入りのリラックス方法は、ヨガ、編み物、猫カフェ…
ヨガ歴は6年ほど。子どもと一緒にできる親子ヨガは、オススメですよ~。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る