qufour

どれが好み?「タラ」の鍋、飽きずに楽しむ味付け「和洋風」アレンジ5選

yuppon

シェアする この記事をクリップする1285view   0 

この時期に美味しい「タラ」は、身が柔らかくて消化にもいいので、身体に優しい食材です。今回は、鍋つゆに変化を付け楽しむ「タラ」を使った鍋料理を5品ご紹介します。「タラ」は淡白なお味なので、鍋つゆを変えれば自在に楽しめますよ。「タラ」の臭みが気になる場合は、お酒に浸したり、塩を振って水分を拭き取ったりと下処理してから使ってみてくださいね。

 

相性抜群な組み合わせ!味噌とミルクでマイルドな口当たりに

レシピブログ  真鱈のミルク味噌鍋(Mayu*)

マイルドな組み合わせのミルク味噌風味で仕上げた真ダラの鍋です。ニンジンはピーラーで細長くスライスし、長ネギと水菜と豆腐は食べやすい大きさに切ります。土鍋へ、酒、水、昆布を入れて火に掛け、沸騰し始めたら昆布を取り出し、あればタラの中骨も加えてダシ汁を作ります。薄口醤油を加えて煮立て、豆腐やタラの身を加えて煮ます。味噌を溶かし入れて弱火にし、水菜、ニンジン、長ネギを加え、牛乳も加えて静かに煮込めば完成です。雑炊にする場合は、ダシ汁を漉して骨を取り除いてから作りましょう。ダシ汁が少なくなったら、牛乳を足してくださいね。

 

八丁味噌でダシ要らず!魚介の旨味が引き立つトマト鍋

レシピブログ  タラと牡蠣の八丁トマト鍋(しまちゅう(旅情家))

香り高い八丁味噌がダシ代わりになった、トマトソースで作る、タラとカキの煮込み鍋です。タラは一口大の削ぎ切りに、カキは片栗粉をまぶして軽く混ぜ、流水で洗い流します。生タラコ、チンゲン菜、豆腐は食べやすい大きさに切っておきましょう。オリーブオイルを引いた土鍋へ、スライスしたニンニク、ちぎった鷹の爪を入れて香りが立つまで弱火で炒めたら、みじん切りの玉ネギを加えて、甘みが出るまで炒めます。トマト缶を加えて中~弱火で水分が飛ぶまで煮込み、トマトジュース、水を加えて濃度を調整します。八丁味噌、みりん、醤油、コショウ、バジルを加えて味を調え、鍋に具材を入れて煮込めば出来上がりです。お好みでタバスコをかけてくださいね。締めは、コクの深いソースを使ったパスタがおすすめです。

 

ピリ辛キムチと具材をぐつぐつ煮込めば温まること間違いなし

レシピブログ  鱈入りキムチチゲ鍋 【温め・風邪予防・便秘】(りかりん)

オレンジ色のキムチが見るだけでも温まる、鍋料理です。水を張った鍋へ、昆布入れて30分~1時間浸します。タラ、豚肉の薄切り、豆腐、白菜、長ネギ、春菊、ホウレン草は、食べやすい大きさに切っておきましょう。酒、醤油、塩、鶏ガラスープの素、粉唐辛子を入れ、軽く混ぜて沸騰させます。具材、キムチ、あればキムチの漬け汁を入れて煮込み、お好みの煮込み加減になったらいただきましょう。

 

具材もダシ汁もシンプルに!素材の美味しさでいただく鍋

レシピブログ  水菜、長ネギとゴボウを使った「シンプル鱈鍋」(SHONAN134)

シンプルなおダシで、野菜がモリモリおいしくいただけるタラ鍋です。ゴボウはピーラーで薄くスライスし、長ネギは斜めに薄切りに、水菜は食べやすい長さに切っておきます。鍋へ、昆布とかつお節で取ったダシ汁、酒、みりん、塩、醤油を入れて調味し火にかけます。タラの切り身、ゴボウ、長ネギ、水菜を入れ、野菜のシャキッと感が残るぐらいで召し上がってください。しっかりと味を付けたい場合は、調味料の量で調整してくださいね。

 

締めはリゾット!家庭の味噌で楽しめるタラとアサリのトマト鍋

レシピブログ  たらとあさりのトマトみそ鍋(薬膳料理研究家*フードコーディネーター 神田 美紀)

タラとアサリに顆粒コンソメを加えた洋風ダシに、トマトと味噌で味付けした和洋折衷のお鍋です。タラは食べやすく切り、アサリは砂出しをしてよく洗います。白菜やお好みの野菜、豆腐は食べやすい大きさに切っておきましょう。オリーブオイルを引いた鍋で、みじん切りにしたニンニクを香りが立つまで熱し、アサリ、白ワインを加え、フタをして蒸し煮にします。アサリの口が開いたら、トマト缶、ニンジンジュース、顆粒コンソメを加えて沸騰させ、塩、味噌を溶き入れて味を調えます。タラ、豆腐、お好みの野菜を加えて煮込めば完成です。具材が減ったら、ごはん、溶き卵、チーズを加えリゾットにしてスープまでいただきましょう。

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

yupponさん

yuppon / 神奈川県

毎日2人の男子と戦ってます!一人の自由時間が増えて好きなことに取り組めるようになりました。よりよい記事を目指して日々がんばります!

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る