qufour

調味料と旨味食材を上手に使った「菜の花の常備菜」レシピ5選、弁当にも

yuppon

シェアする この記事をクリップする1223view   1 

今が旬、春を運ぶ「菜の花」は、1品あると食卓も彩り豊かになりますね。今回は、「菜の花」で、作るだけで何回も食卓へ出せる、便利な常備菜を5品ご紹介します。調味料や旨味食材を上手に使った、味わい深い常備菜はごはんが進みますよ。この時期ぜひ味わってほしい「菜の花」で、春を感じてみてくださいね。常備菜なので、お弁当のおかずにも便利です。

 

ごはんが進む!味噌チーズでほろ苦さをマイルドに

レシピブログ  春の作りおき~菜の花味噌(おいしっぽ)

ごはんのお供にピッタリな和え物です。菜の花は、粗く刻んでサッと茹で、ザルへ上げて軽く絞ります。ボウルへ、菜の花、味噌、オリーブオイル、コショウ、好みのチーズを加え、混ぜ合わせていただきます。チーズなしでオリーブオイル多めに入れても、違った美味しさを楽しめます。お味は、ちょっと「フキ味噌」に似ていて、菜の花のほろ苦さも楽しめる1品です。

 

ゴマ油とオイスターソースに浸すだけ!簡単中華和え

レシピブログ  作りおきに最適♡抱えて食べたい♡『菜の花とササミの中華風おひたし』(Yuu*)

中華風味の和え物は、オイスターソースが味の決め手。こちらもごはんが進みます。菜の花は水を張ったボウルで振り洗いをし、葉と茎を分け、茎は1分半、葉は1分弱ほどそれぞれ塩茹でして、ザルに上げます。ササミは、酒、塩を揉み込み、ふんわりラップをして600Wで1分半のレンジ加熱をし、1分蒸らし上下を返したら、再度1分加熱します。粗熱を取ったら手で裂いておきましょう。ボウルで、水、醤油、ゴマ油、オイスターソース、ショウガの絞り汁を合わせ、ササミ、水気を絞った菜の花を入れて20分くらい浸します。食べる直前にカツオ節を入れ、ふんわり混ぜ合わせれば完成です。

 

乾物の戻し汁とベーコンの旨味タップリ!贅沢煮びたし

レシピブログ  菜の花in干し大根とベーコンのめんつゆ煮(YUKImama)

乾物とベーコンで旨味タップリの煮びたしです。切り干しダイコン、干しシイタケはそれぞれ水に漬けて戻しておきます。ニンジンは太めの千切り、菜の花は食べやすい長さに切っておきましょう。鍋へベーコン、ニンジン、ダイコンとシイタケの戻し汁、干しシイタケを入れて煮ます。具材が柔らかくなったら、切り干しダイコン、めんつゆ、白ワインまたは酒を加えましょう。切り干しダイコンに味が染みたら、菜の花を加え、サッと強火で煮立てれば出来上がりです。さらにバターや油で炒めれば、混ぜごはんにもぴったり。おにぎりにしてもいいですね。

 

ツナとめんつゆの旨味に、ショウガがアクセント

レシピブログ  春の作りおき♡旨味たっぷり♡『菜の花とツナの麺つゆびたし』(Yuu*)

ツナの旨味がタップリ入った、ほろ苦さもあっさりいただけるめんつゆの和え物です。菜の花は冷水を張ったボウルに浸けてシャキッとさせたら、ツボミを摘んで、葉と茎に分けておきます。鍋で、茎を1分、ツボミと葉を20~40秒ほど茹でて、冷水に取って水気を絞り、食べやすい大きさに切ります。ボウルへツナ缶を汁ごと入れ、水、めんつゆ、塩、粗挽き黒コショウも入れて混ぜ合わせ、菜の花、千切りのショウガを入れ、10分ほど馴染ませたら召し上がれ。

 

ダシの染み出す油揚げが体に優しい煮びたし

レシピブログ  冬に溜まった毒素をデトックス♡しみじみ美味しい♡『菜の花と油揚げのおひたし』《簡単*節約*作り置き》とおめでたいお話♡(Yuu*)

油揚げからジュワーッと染み出すダシが、体に優しい煮浸しです。菜の花は流水で良く洗って2等分し、油揚げは油抜きして短冊切りにしておきます。小鍋へ、ダシ汁、醤油、酒、みりん、塩、油揚げを入れて中火に掛け、沸騰させます。菜の花の茎を入れて2~3分煮たら、残りの菜の花を入れてサッと煮れば完成です。

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

yupponさん

yuppon / 神奈川県

毎日2人の男子と戦ってます!一人の自由時間が増えて好きなことに取り組めるようになりました。よりよい記事を目指して日々がんばります!

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る