qufour

母の日ギフトは「モノ」より「コト」!主婦の声から見えた「ギフトアイデア」

qufour(クフール)編集部

シェアする この記事をクリップする1330view   0 

カーネーションやお菓子など、マンネリ化しがちな「母の日のプレゼント」は、毎年悩む方も多いことでしょう。今回は、全国のママに聞いた「母の日のギフトに欲しい物」をご紹介します。アンケートによれば、最近は形に残る「モノ」のプレゼントより、記憶に残る「コト」のプレゼントが欲しいと思うママが多い傾向にあるようです。ちょっと変わった、体験型の「コト」プレゼントのアイデアもご紹介します。今年の母の日プレゼントを選ぶ参考にしてみてくださいね。

 

6割以上のママが「体験や記憶に残るものが嬉しい」と回答

クルーズ旅行会社のプリンセスクルーズが30〜70代の母親400人へ実施した「旅行とプレゼント」に関する調査で、「子どもからのプレゼントとしてより嬉しいのは、形に残るものと体験や記憶に残るもののどちらですか」という問いに対し、「体験や記憶に残るもの」との回答が6割を超えました。年齢別に見ていくと、年齢が高くなるほどコトの割合は大きく、60〜70代では約7割が体験や記憶に残るものを重視した結果となりました。

 

母の日の希望は「言葉での感謝」「一緒に過ごす」などの体験

またインターネット調査会社のマクロミルが、全国15〜59歳の男女約2,000人へ実施した「母の日に関する調査」で、子どもがいる女性605名へ「母の日に子どもにしてもらいたいこと」を尋ねたところ、「プレゼントを贈ってもらいたい(13.6%)」よりも、「感謝の言葉を伝えてほしい(40.3%)」「一緒に過ごしたい(20.7%)」「家事を代わったり手伝ったりしてほしい(17.4%)」が上位にランクイン。形に残るプレゼントよりも、言葉や気持ち、行動で感謝を示してほしいママが多いことが分かりました。

 

ママへのプレゼントに「家事代行」「出張シェフ」はいかが?

調査結果から、忙しい家事をねぎらって欲しい、家族とゆっくり過ごしたいと思っているママが多いことが分かりました。そんなママへの母の日プレゼントに、「家事代行サービス」や「出張シェフ」などのサービスはいかがでしょうか。そんな体験型サービスをプロにお願いできるインターネット商店街が「くらしのマーケット」です。家事代行、出張シェフのほか、手作業での草むしり、換気扇クリーニングなど、120種類以上もある生活関連カテゴリのなかから、喜ばれそうなサービスを検索して、依頼できます。ママの嬉しいサービスを見付けられそうですね。

 

特別な時間をプレゼント!一風変わった体験サービス紹介

また、一風変わった体験サービスもあります。プロによるドレスの着付けとヘアメイクを行ない、横浜・山手の洋館で写真撮影をする「上質なプリンセス体験」や、ロウで作られたリアルな等身大フィギュアで有名な「マダム・タッソー東京」で自分の手のフィギュア作りをする「家族の絆が深まるワックスハンド作り」、離れて住むお母さんの健康への気遣いとして「人間ドック」のギフト券をプレゼントするサービスも。ママにとって忘れられない母の日になりそうです。

 

今年は、義理のお母さんに体験型プレゼントを贈ってみては?

形に残るプレゼントは、もらう側の好みに合うか、同じようなものをすでに持っていないかなど、見付けるのが難しいもの。体験型のプレゼントには、そのような心配が少ないので、義理のお母さんへの母の日プレゼントに、家事代行サービスや出張シェフはいかがでしょうか。qufour世代が自分へのプレゼントとして、夫や子どもへリクエストしてもいいですね。さまざまな体験型サービスのなかから、相手にぴったりのものが見付かるといいですね。

 

◇くらしのマーケット
https://curama.jp/

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

qufour(クフール)編集部さん

qufourは暮らしに役立つ情報を毎日配信しています。分からないことがあったら画面下の「よくある質問」を見て下さいね。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る