qufour

100均材料のお手軽「ペンダントヘッド」で、ネックレスを簡単リメイク!

yuppon

シェアする この記事をクリップする   

普段身に着けている「アクセサリー」も、衣替えしてみませんか?今回は、プラ板で簡単にできる「手作りペンダントヘッド」の作り方をご紹介します。仕上がりはキラキラしていて、まるでガラス細工のよう!100円ショップに売っている材料だけで、簡単に作れるので、ぜひ試してみてくださいね。ちょっと気分を変えたいときにいかがでしょう。

 

用意するもの

・透明プラ板(マットな感じに仕上げたい場合、白プラ板)
・サンドペーパー
・折り紙(1枚)
・パステル
・鉛筆
・ハサミ
・穴あけパンチ
・UVレジン液
・アルミホイル
・本2冊(プレス用に使用)
・平ヤットコ2本(ペンチでも代用可)
・アクセサリー用の金具(丸カンやCカン)

 

サンドペーパーは、細目のタイプを選んだほうがパステルの色が細かく入り込むので、きれいに仕上がります。UVレジン液は、補強とツヤ出しのために使います。100円ショップに、ソフトタイプやハードタイプのUVレジン液が売っていますが、プラスチックにはハードタイプが適しています。

 

デザインを決める

手持ちのアクセサリーを用意し、ペンダントヘッドのデザインを、花形、星形、涙形などの、好きな形に決めましょう。折り紙へ形を描きますが、プラ板は加熱すると1/4の大きさに縮むので、型は完成サイズの約4倍の大きさにします。折り紙を半分に折り、型の半分を描いて切れば左右対称の形に仕上がりますよ。描けたらハサミで切り取りましょう。

 

プラ板にサンドペーパーで傷を付ける

プラ板へパステルで着色しますが、その前に、細目のサンドペーパーで表面に傷を付けましょう。表面がツルツルしている透明のプラ板に傷を付けると、パステルの色が乗りやすくなるので、多方向から傷を付けてください。白プラ板を使用する場合も、表面がツルツルしていれば、同じように表面に傷を付けてから色を塗りましょう。

 

プラ板にデザインを描く

表面に傷を付けたプラ板の上に、折り紙をで切り抜いた型を置き、鉛筆でアウトラインを描き写しましょう。型の真ん中にパステルで色を塗り、指で薄く伸ばしていくと、ぼかしたような風合いが出ますよ。

 

型を切り、穴を開ける

色付けができたら、型を切り取って、穴あけパンチで取り付け用の穴を開けましょう。型を切る際は、鉛筆で描いたラインを切り落とすようにすると、線が残らないのできれいに仕上がりますよ。

 

トースターで加熱する

アルミホイルをクシャクシャにして開いた上へ、切り取ったプラ板を乗せ、あらかじめ予熱しておいたオーブントースターへ入れて加熱します。プラ板を加熱すると、両端がぐにゃっと内側へ折れたあと、平らになって縮んでいきます。プラ板が折れ曲がって元に戻ったときが、オーブントースターの開けどきです。

オーブントースターを予熱をしておくと、庫内の温度が一定になるので、プラ板が均一に縮むほか、加熱時間を短縮できるようになります。厚さ0.2mmのプラ板なら、予熱済みの600Wのトースターで加熱すると、45秒ほどで縮み始め、80秒程度で縮み終わります。

 

プレスする

プラ板の加熱が終わったら、割り箸などで取り出して、本やまな板で挟んでプレスします。このとき、本の上から手で押し付けるようにすると、プラ板が平らに仕上がりますよ。

 

UVレジン液でコーティングする

UVレジン液をプラ板の真ん中へ垂らして全体に広げましょう。爪楊枝があると、広げやすく、気泡も潰しやすいですよ。UVレジン液は紫外線で固まるので、日当たりのいい窓のそばなどに置いて乾かしましょう。晴れた日であれば5分程度、曇っている日でも30分ほどで固まります。触ってみて、しっかりと固まっていれば完成です。

 

手持ちのネックレスに取り付ける

手持ちのネックレスに取り付けます。アクセサリーやプラ板のパーツ傷つかないように優しく扱い、Cカンや丸カンなどのパーツが切れないように、ネックレスへ取り付けましょう。

 

白プラ板で作るとマットな仕上がりに

白プラ板で同様の作り方をすると、白地が映えてマーブル調の仕上がりになります。好みに合わせて、作ってみてくださいね。

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

yupponさん

yuppon / 神奈川県

毎日2人の男子と戦ってます!一人の自由時間が増えて好きなことに取り組めるようになりました。よりよい記事を目指して日々がんばります!

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る