qufour

裁縫初心者も簡単!「基本のスタイ」の作り方、手作りでベビーも嬉しい♪

武藤沙穂

シェアする この記事をクリップする2590view   0 

赤ちゃんの「スタイ」は毎日使うものだから洗い替えがたくさん必要ですね。今回は裁縫の初心者さんでも30分ほどで縫える「基本のスタイ」の作り方をご紹介します。シンプルなので縫い合わせる部分が少なく、作りやすいデザインです。また、留め具にはプラスナップを使用しているため取り付けも簡単で着脱もスムーズ。ママの手作りなら、愛着もひとしおですよ。

 

準備するもの

・表地用布(幅50×30cm)
・裏地用布(幅50×30cm)
・タグなどの飾り(好みで)
・プラスナップ 凹凸1セット(大きめのスナップボタン、ファスナーテープでも可)
・ハンディープレス(プラスナップを使う場合のみ)
・布用接着剤(あると便利、なくても可)
・ミシン
・目打ち
・まち針
・ハサミ
・A4用紙(型紙用)

 

後ろの留め具はプラスナップが便利ですが、かしめるためのハンディープレスが必要なので、道具がない場合は、直径1cm以上の大きめのスナップボタンや、ファスナーテープにしましょう。また、返し口を閉じるとき、手縫いだと時間がかかって面倒ですが、接着剤を使うとキレイに素早く閉じられるので、あると便利です。

 

手持ちのスタイで型紙を作る

お気に入りのスタイがある場合は、それを元に型を起こしてみましょう。スタイを縦半分に折って折り目をA4用紙の紙の切り端に合わせて置き、スタイの外側に縫い代1cmを付けてグルッと線を引き、型紙を作ります。このとき、前下の中央部分から3~4cm程の位置に返し口の印を付けて、型紙を切り抜きます。

 

A4用紙に型紙を起こす

手持ちにちょうどいいスタイがない場合は、写真を参考に型紙を書いて、切り抜きましょう。型紙は縫い代が入っているのでプラスする必要はありません。

 

裁断する

布を縦半分に折り、折り目に型紙の直線部分を併せてまち針で固定します。型紙に沿って裁断してください。

 

タグなどの飾りを付ける

飾りを付けなくてもいいですが、タグなどの飾りがあれば、お好みの位置に縫い止めます。女の子ならリボンやレース、男の子ならタグやワッペンを付けると、グッとオリジナリティーがでますよ。付ける位置は断ち切り線より2cm内側です。 

 

中表にして周りを縫う

表布と裏布の表側を内側に合わせ、前下の返し口のところから、1cm内側をグルッとミシンで縫います。返し口を縫ってしまわないように注意してくださいね。首回りや後ろの留め具の周囲などカーブの急な部分には切り込みを何本か入れると、裏返しやすくなります。 

 

表に返して返し口を閉じる

返し口から表にひっくり返します。もうスタイらしくなってくましたね。表に返したらアイロンを掛けて、整えます。返し口は、手縫いで閉じてもいいのですが、今回は、簡単な方法として布用接着剤で閉じます。 

 

プラスナップを付ける

首の後ろ部分を2枚重ね合わせて留め具の位置を確認し、目打ちなどで穴を開けます。プラスナップをハンディープレスでかしめて完成です。バネ(凸)とゲンコ(凹)が必ず内側にくるよう取り付け向きに注意します。プラスナップの代りに、直径1㎝以上の大きめのスナップボタンや、ファスナーテープを縫い付けてもいいと思います。

 

最後に

作ってみると意外と簡単にできるので、布地や飾りを変えて、たくさん作ってあげたくなりますよね。スタイは、その作り方の容易さからたくさんのママが挑戦している、初心者向けの手作りグッズです。ぜひ、お気に入りの生地を見つけてトライしてみてください。

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

武藤沙穂さん

武藤沙穂 / 千葉県

男の子を育てながら、スキマ時間で日々の手作りを楽しんでいます。裁縫、アクセサリー作りから料理まで、なんでも作ることが好きです。丁寧で分かりやすい内容を心がけて、楽しく読める記事を書けるように頑張ります。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る