qufour

サッパリこっくり美味!「トマト味噌」で煮込んだメインおかずレシピ5選

nontroppo

シェアする この記事をクリップする1538view   1 

「トマト煮」「味噌煮」はどちらも美味しい煮込み料理ですが、両方を合わせると、酸味とコクのバランスが取れた1品ができますよ。今回は、イカやサバなどの魚介やお肉の「トマト味噌煮込みレシピ」を5つご紹介します。トマトの酸味を味噌のコクが和らげ、しっかり味でごはんにもよく合うので、メインのおかずにピッタリ。冷めても美味しくいただけるので、帰りの遅いパパに作り置きしてあげてもいいですね。

 

シナモン風味で煮込んだイカが美味

レシピブログ  【レシピ】やりいかのトマト味噌ソース ほんのりシナモン(スパイスアロマキッチン)

イカの胴体へアンチョビやオリーブなどを詰め、トマト味噌で煮込みました。ヤリイカはワタを取り、三角の部分は1cm幅の短冊切り、足は取っておきましょう。フライパンへオリーブオイルを入れ、アンチョビ、みじん切りニンニク、イカを順に加えて炒め、イカが白くなったら、パン粉、ピスタチオまたは松の実、粗く刻んだ黒オリーブ、刻みパセリ、シナモンを加えてさらに炒めます。ボウルへ移し、溶き卵を加えて手で混ぜ、塩で味を調えます。鍋へオリーブオイルとニンニクスライスを入れて熱し、潰したトマト缶を加えてフタをし、10分煮たら味噌を溶かし入れて馴染ませ、火を止めます。イカの胴体の中へ炒めた具材を詰め、楊枝で口を留めてトマト味噌の鍋へ入れ、途中で裏返して5分煮ます。輪切りにして皿へ盛り、パセリを散らして召し上がれ。

 

お酒にもごはんにもピッタリ、牛スネ肉の煮込み

レシピブログ  牛すね肉と干し椎茸のトマト味噌煮込み(ゆりり)

おもてなしにもおすすめの、牛スネ肉のトマト味噌煮込みです。牛スネ肉は5cm角に切り、塩コショウをしてしばらく置き、片栗粉をまぶして、油を熱したフライパンで焼き色を付けます。圧力鍋へ牛肉、赤ワイン、水を入れ、高圧で5分加熱します。オーブン対応のフタつき厚手鍋へ、油、薄切りタマネギを入れて炒め、市販の炒め香味野菜、湯剥きしてサイの目に切ったトマト、トマト水煮缶を加えて炒め合わせます。牛肉、水で戻して2cm角に切った干しシイタケを入れ、赤ワインを加えて煮立て、水を足して汁気を調節します。味噌を加えたら、170℃に余熱したオーブンで1時間加熱し、さらに余熱で蒸らします。器へ盛り、黒コショウを挽き入れ、刻んだ万能ねぎを散らしましょう。炒め香味野菜はタマネギやニンジン、セロリ、ニンニク、ショウガなどのみじん切りをじっくり炒めて作ってもいいですね。

 

柔らかい鶏モモ肉をコトコト煮込んで

レシピブログ  鶏のトマト味噌煮(田代由紀子)

洋風のトマト煮も、味噌を加えればごはんに合う1皿になります。鶏モモ肉は一口大に切って小麦粉をまぶし、オリーブオイルを熱したフライパンでこんがり焼きます。クシ形に切った玉ネギと、ザク切りにしたトマトを加えて煮込み、全体が馴染んでとろみが付いたら味噌を加えて馴染ませます。器へ盛って召し上がれ。

 

砂肝と野菜が美味しく食べられる、コクのある1品

レシピブログ  コリコリ食感が食欲そそる♪砂肝と彩り野菜のトマト味噌煮(もこ)

砂肝は、熱湯で色が変わるまで茹で、ザルへ上げておきましょう。フライパンでサラダ油を熱し、薄切りタマネギを入れて炒めたら、幅5mmに切ったパプリカ、幅5mmの斜め切りにしたセロリの茎、厚さ5mmの半月切りにしたズッキーニ、ほぐしたシメジを加えて火が通るまで炒めます。水、顆粒の和風ダシ、カットトマト缶、ケチャップを加えて煮立て、味噌を溶かし入れて、砂肝を加えて5分ほど煮ます。塩コショウで味を調えて出来上がりです。

 

お口の中でとろける肉団子がたまらない

レシピブログ  肉団子ときのこのトマト味噌煮込み(marron)

子どもから大人まで大好きな肉団子を、トマト味噌で煮込みました。ボウルへ豚ひき肉、すりおろしショウガ、卵、パン粉、水、黒コショウを入れてよく捏ね、一口大に丸めて、油を熱したフライパンで転がしながら焼き、肉団子を作っておきましょう。油を熱した鍋で、薄いクシ形に切った玉ネギをよく炒め、ほぐしたシメジと薄切りのシイタケを加えて炒めたら、トマト、水、酒を加え、煮立ったら味噌と醤油を加えます。肉団子を入れ、トマトを潰しながら煮込み、とろみが付いたら黒コショウを挽き入れて完成です。

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

nontroppoさん

nontroppo / 埼玉県

ライフオーガナイザー。ズボラでも簡単にすっきり暮らすための収納や、生活の仕組み作りを模索中。
料理、お菓子作りのほかに、洋服やインテリア小物なども手作りするのが好きです。
高校生の息子の母です。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る