qufour

衣類収納と虫食いの悩みを一気に解決する「ムシューダ防虫カバー」

【PR】qufour(クフール)編集部

シェアする この記事をクリップする890view   0 

あなたが衣類の収納に感じる困りごとや不満は、どんなことですか?今回は主婦200人へ聞いた「衣類収納に関する不満点」の調査結果と、知っておきたい衣類の害虫と防虫対策の知識をご紹介します。多くの主婦が、衣類の収納スペースの少なさを不満に思っているそう。防虫もしてくれる衣類カバーを上手に使って、収納や虫の悩みを解決したいですね。

 

衣類収納の不満1位は「収納スペースの少なさ」7割が回答

エステーは、主婦400人を対象に「衣類収納や衣替えに関する調査」を実施。普段の衣類収納に「あまり満足していない」「全く満足していない」と答えた221人へ衣類収納の不満について聞いたところ、1位は「全体的に収納スペースが少ない(75.1%)」、2位は「衣類を出し入れしにくい(44.8%)」でした。衣替えでたくさんの衣類を移動するときなどは、特に収納スペースが少ないと感じることも。衣類の移動は最小限にして、限られたスペースを効率よく使えると、衣類収納のストレスが少なくなりますね。

 

衣類保管の大敵!衣類を食べる4大害虫を知って虫対策を

「衣類の虫食い」は気が付かない間に起きているので、虫食いの服を見たことはあっても、衣類害虫を見掛けたことがない人もいるのではないでしょうか。日本にいる衣類を食べる害虫は主に4種類、「ヒメカツオブシムシ」「ヒメマルカツオブシムシ」「イガ」「コイガ」です。気温が15〜25℃くらい、湿度60%以上の環境を好み、ウールやカシミヤ、シルクなどの動物性繊維、綿や麻などの植物性繊維、食べこぼしや皮脂汚れの付いた化学繊維、繊維の塊であるホコリを食べて成長します。成虫になると最大100個ほどの卵を産む害虫もいるそう。長期保管の際には、しっかり防虫したいものですね。

 

衣替え時期の防虫のコツ、クリーニングカバーは外して収納

害虫が好む環境と何を食べるのかを知ったところで、大切な衣類を守るコツを3つご紹介します。1つ目は、シーズンオフの衣類を長期間保管するときには、必ず「しまい洗い」を行うこと。衣類害虫のエサになる食べこぼしや皮脂汚れを落とすことが大切です。2つ目は、クリーニング店で掛けてくれるビニール製のカバーを外して収納すること。掛けっぱなしだと衣類の通気性が悪くなってしまい、カビの原因になります。3つ目は、収納場所に合った防虫剤を活用することです。クローゼットに掛けたまま収納する衣類には、通気性の良い防虫機能付きの衣類カバーが効果的です。ホコリよけにもなります。

 

<防虫のコツ>

1. 長期保管する前には「しまい洗い」をする
2. クリーニング店のビニール製カバーは外す
3. 防虫剤を活用、クローゼットでは防虫機能付き衣類カバーを活用

 

「スーツ・ジャケット用」の防虫効果は1年持続、臭いナシ

普段使いのクローゼットで、服を防虫しながら長期保管できれば、衣類の移動も最小限に抑えられますね。そんなとき活躍してくれるのが、1着ずつカバーして防虫する「ムシューダ 防虫カバー スーツ・ジャケット用」です。カバー素材はUVカット加工が施されていて、ホコリや色あせを防ぎます。また不織布で通気性が良く、防虫剤のニオイが衣類に付かないので、カバーから取り出してすぐ着られます。防虫剤の効果は1年有効で、取り替え時期が分かるシールが付いています。普段使いのクローゼットで、「ムシューダ 防虫カバー スーツ・ジャケット用」を上手に使って、次のシーズンまでしっかり防虫しましょう。

 

◇ムシューダ 防虫カバー 1年間有効 スーツ・ジャケット用(エステー)
http://www.st-c.co.jp/products/detail/mothproofing_agent_001413.html

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

【PR】qufour(クフール)編集部さん

qufourは、女性が素敵に過ごすための、暮らしに役立つ情報を毎日配信しています。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る