qufour

塗るだけで美白!実証済み「キャリアオイル」2つで、色白肌を取り戻そう

宮本きこ(アロマテラピーインストラクター)

シェアする この記事をクリップする   

「夏に日焼けしちゃったから、白い肌を取り戻したい」という人もいるのではないでしょうか。今回は、日焼けしたお肌のケアーにピッタリなオイル2つと、使い方をご紹介します。お肌に塗るだけで美白効果が実証されているオイルなので、美白と保湿が同時にできちゃいますよ。これらのオイルは、アロママッサージなどのベースにする植物性オイル「キャリアオイル」なので、ただ塗るだけでOK。空気が乾燥しがちなこの季節に、新しいスキンケア―を始めませんか?

 

メラニンを抑える「スイートアーモンドオイル」

スイートアーモンドオイルは、メラニンを生成するチロシナーゼという酵素の活性を抑制することが分かっています。また、スイートアーモンドオイルを4週間続けて使用すると、使用を止めても2週間は継続してメラニンの量が減り続けるんですよ!乾燥肌、敏感肌、赤ちゃんから大人まで使えるオイルで、お肌を柔らかくし、水分と栄養分を閉じ込める作用もあるので、日常使いのアイテムとして取り入れてみてはいかがでしょう?但し、ナッツアレルギーの方は使用しないでくださいね。

 

◇原著論文「キャリアオイルとしてのユズシードオイルの放香特性および美白作用.沢村正義、熊谷千津、馬場正樹、岡田嘉仁、吉金優、浅野公人、東谷望史、塚田弘行.アロマテラピー学雑誌、Vol.13, 14-20, 2013」(国立国会図書館サーチ)
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I024620364-00

 

美白しながら肌の黄み赤みを軽減する「ユズシードオイル」

ユズの種を圧搾して採るのがユズシードオイルです。高知大学と高知県の馬路村農業協同組合は2012年、ユズの種子オイルに肌の美白効果があると発表しています。またメラニン抑制に加え、お肌の黄色み、赤みを軽減する効果、お肌の水分量の増加など、たくさんの嬉しい効果も♪さらに、人の皮脂成分に似たオレイン酸とリノール酸が豊富で、皮膚のバリア機能を高めてくれるので、日焼けで乾燥しがちなお肌にも安心して使えるんですよ。

 

◇原著論文「アロマテラピーにおけるキャリアオイルとしてのユズシードオイルの基本特性.沢村正義、熊谷千津、和田真理、岡田嘉仁、浅野公人、吉金優、塚田弘行.アロマテラピー学雑誌、Vol.12, No.1, 41-49, 2012」(国立国会図書館サーチ)
http://iss.ndl.go.jp/books/R000000004-I023683089-00

 

2つのオイルの使い方

アロマテラピーの専門店でスイートアーモンドオイルかユズシードオイルを購入し、1日1回、化粧水のあとに保湿剤として手に取り、そのまま塗ってくださいね。フェイスのみであればティースプーン2分の1くらいの量でOK!オイルだからベタつかないか心配……という方も大丈夫。オイルはお肌に吸収されるので、数分後にはアレ?と思うくらいしっとりサラサラになりますよ。それでもべたつきが気になるようだったら、オイルの量を減らしてみてくださいね。 

 

アレルギーになるのを防ぐために、連続使用は避ける

「美白効果がある!」と知ると継続して使いたくなるもの。でも、ちょっと待って!同じ成分を長期間使用していると免疫が反応し、抗体ができて、知らない間にアレルギーになってしまうこともあります。今日ご紹介した2種類のオイルは、4週間使用したあと2週間お休みしても効果が持続することが分かってます。ときどきお休みしたり、オイルを交換してみたり、ランダムに使うことで少しでもアレルギーリスクを減らしましょう。

 

まとめ

すっぴんで外を歩くわけではないけれど、素肌がキレイなことは大きな自信になりますよね。いくつになっても自信をもって前を向くために、日常使いのスキンケアにアロマのキャリアオイルを取り入れてみてはいかがでしょう?「塗るだけ」だから続けられる!続けることはキレイへの近道になると思いますよ!

 

◇古くなった「精油」も捨てないで!最後まで使い切るアイデア3つ
https://qufour.jp/article/detail/2861
◇宮本きこ(アロマテラピーインストラクター)さんの記事一覧
https://qufour.jp/users/article/40971

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

宮本きこ(アロマテラピーインストラクター)さん

AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。2012年に自宅でアロマ教室を開き、のべ800名余りの方にアロマテラピーのある生活を提案してきました。何時もご縁を大切に、アロマの輪を大きく育てていきたいと思っております。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る