qufour

10分〜1晩でサッと完成!素朴な「カブ」のお漬物、ごはんやお酒のお供に

ミーナ

シェアする この記事をクリップする458view   0 

カブは、春と秋の2回旬がありますが、10月ごろから出回る秋ものが、一番美味しいと言われています。そこで今回は、甘味が強くみずみずしい「カブ」のお漬物レシピを5品ご紹介します。薄切りにしたカブを、ポン酢、リンゴジュース、ユズなどにサッと漬けて、さっぱりと口当たりの良いお漬物を作りましょう。柔らかいカブの実は、早く漬かるところも魅力ですよ。

 

ポン酢だけで、簡単味付け

レシピブログ  かぶのポン酢漬け(snow)

ポン酢であっさりと食べやすい、即席漬けですよ。カブは薄い輪切り、葉は細かく刻みます。これを、ビニール袋へ入れて塩を振り、しんなりするまで揉みます。ポン酢を加えて揉んだら、口を閉じてしばらく置き、味が馴染めば完成。お好みで、カボスやユズの皮を刻んで混ぜてもいいですね。

 

リンゴジュースで、まろやかな味わい

レシピブログ  簡単。かぶの100%りんごジュース漬け(ウェルネスアドバイザーmihoko)

リンゴジュースとハチミツの、ほんのりとした甘さが美味。カブは縦半分に切って薄くスライスします。塩を振って揉み、しんなりとしたら水気を絞りましょう。保存容器へ、カブ、100%リンゴジュース、リンゴ酢、ハチミツを入れ、1時間ほど寝かせれば食べごろです。

 

柚子の香りで、上品に仕上げて

レシピブログ  簡単和惣菜♡おせちにも♡かぶらのゆず漬け(居酒屋こはるちゃん)

ユズの皮と果汁で漬け込んだ、風味豊かな1品です。カブは薄く皮を剥き、縦半分に切って薄切りにします。塩をまぶして5分置いたら、水気を絞ります。ユズの皮は千切りにして水に晒し、ザルへ上げて水気を切り、実は果汁を絞りましょう。保存容器へ、カブ、ユズの皮と果汁、ダシ汁、酢、砂糖、塩を入れて混ぜ、10~15分置けば出来上がり。お酒のおつまみにも喜ばれますね。

 

塩昆布の旨味が、染みる1品

レシピブログ  自家製!かぶのお漬物☆(くいしんぼみぃ)

カブを噛むたびに、昆布のダシがお口に広がりますよ。カブは皮を剥いて薄切り、葉は長さ1cmほどに切り、ビニール袋へ入れて塩を振り揉みます。ボウルへ、砂糖、酢を入れて混ぜ、甘酢を作ります。カブがしんなりとしたら、甘酢、塩昆布を加えて揉み込み、冷蔵庫で半日ほど寝かせれば完成。七味唐辛子を振って、ピリッと辛くしてもGOOD。

 

ミカンの皮で、しっとりさわやか

レシピブログ  かぶのみかんの皮漬け(花ぴー)

捨ててしまうミカンの皮を、賢く活用したお漬物ですね。カブは皮を剥いて薄切り、ミカンの皮は白い部分を取り除いて千切りにします。ビニール袋へ、カブ、ミカンの皮、塩、昆布茶を入れて揉み、1晩寝かせて味が染みれば出来上がり。砂糖を少量加えると、ミカンの皮の苦味が和らぎますよ。

 

まとめ

お店で売っている土付きのカブは、新鮮で美味しそうですが、洗うのがちょっと面倒ですね。そこで、上手な土の落とし方をご紹介します。ボウルへたっぷりの水を入れ、カブを葉ごと入れてしばらく置きます。土が浮いてきたら、水の中でよく振り洗いすればOK。葉の付け根の土が気になるときは、竹串などでこするといいですよ。

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

ミーナさん

ミーナ / 埼玉県

こんにちは。娘が二人いる、のんびりママです。
子育ては、大変なお仕事!だからこそ、自分の時間も大切にしたいですよね。
私のお気に入りのリラックス方法は、ヨガ、編み物、猫カフェ…
ヨガ歴は6年ほど。子どもと一緒にできる親子ヨガは、オススメですよ~。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る