qufour

クリーミーな口当たり!「里芋コロッケ」アレンジレシピ5選、お弁当にも!

yuppon

シェアする この記事をクリップする   

ホッコリとした柔らかさが楽しめる旬の「里芋」は、煮物以外のメニューが思い浮かばないという方も多いはず。今回は、おかずやお弁当にピッタリな、「里芋コロッケ」の具材アレンジレシピを5品ご紹介します。いつものジャガイモコロッケだと思って食べたら、口に広がるクリーミーなコロッケダネに、家族もアッと驚きますよ。

 

まるでベシャメルソース!口に広がる白味噌醤油のコク

レシピブログ  絶品!さといものライスコロッケ(ミットゥン)

白味噌と醤油のコクに、マスタードでアクセントを付けたライスコロッケです。里芋は皮を剥いて、茹でます。フライパンへ、オリーブオイル、潰したニンニクを入れ、弱火に掛けて香りを出し、薄切りの玉ネギ、細かく切ったヒラタケを入れて炒めます。フードプロセッサーへ、里芋、玉ネギ、ヒラタケ、白味噌、マスタード、醤油、オリーブオイル、塩、コショウを入れて滑らかにしましょう。ごはんも加えて全体に混ぜたら、食べやすい大きさに分けて平らに置き、中央にピザ用チーズを置いて丸く包みます。小麦粉、溶き卵の順に2回くぐらせてパン粉を付け、180℃くらいの油でキツネ色に揚げ、油を切って完成です。

カツオ節とマヨネーズが、どこか懐かしい味

レシピブログ  里芋とツナのマヨコロッケ(エリオットゆかり)

カツオ節とマヨネーズの隠し味がどこか懐かしいコロッケです。里芋とジャガイモは、皮を剥いて大きめの乱切りにします。バターを熱したフライパンへ、みじん切りの玉ネギを入れ、透き通るまで炒めます。鍋で里芋とジャガイモを柔らかくなるまで茹で、水気を切ったら、ボウルへ移して潰し、玉ネギ、汁気を切ったツナ缶、みじん切りの茹で卵、カツオ節、マヨネーズを入れて混ぜ合わせ、食べやすい大きさの楕円形に整えます。薄力粉、溶き卵、パン粉の順に衣を付け、160℃~170℃に熱した油で揚げて出来上がりです。お好みのソースで召し上がれ。

 

里芋から出てくるおモチとチーズ!味付けシンプルでも美味

レシピブログ  *お餅活用♡とろ〜りもちチーズ入り♡モチモチ里芋コロッケ*(ちぃタロー。)

シンプルな味付けながら、中から出てくるおモチとチーズ、に思わず笑顔がこぼれます。里芋は、皮を剥いて柔らかく茹でて水気を切り、キッチンペーパーなどで水分を拭き取ります。ボウルで里芋を潰し、みじん切りの玉ネギ、塩コショウを加えて混ぜ合わせ、食べやすい大きさにまとめたら、広げて中央へとろけるスライスチーズ、小さく切ったモチを乗せて包み、丸めます。小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣を付け、180℃くらいの油で、焼き色が付くまで揚げれば完成です。

 

カレー風味が食欲をそそる!カリフラワーの食感が楽しい

レシピブログ  カリフラワーと里芋のコロッケ(ミホちゃんハウス)

カリフラワーの食感が楽しい、カレー風味の里芋コロッケです。里芋は、皮を剥いて蒸して潰します。カリフラワーは、フードプロセッサーなどで潰してフレーク状にし、歯ごたえを残すように軽く炒めて塩コショウします。ボウルへ、里芋、カリフラワーを入れて混ぜ、ターメリック、カレー粉を加えて混ぜ合わせます。食べやすい大きさに成型し、水で溶いた小麦粉を塗り、パン粉を付けて油で揚げます。オーロラソースやソースでいただきましょう。

 

鮭にガーリックとオリーブがアクセント!お酒も進む1品

レシピブログ  微発泡ワイン ガゼラと一緒に、鮭とオリーブの里芋コロッケ~♪(masakohime)

ガーリックバター風味で、お酒もごはんも進みます。フライパンへ、バター、みじん切りのニンニクを入れ、弱火で炒めて香りを出し、みじん切りの玉ネギを加えて炒めます。小さめに切った鮭、白ワインを加え、鮭の身をほぐしながら火を通し、粗みじんにしたグリーンオリーブを加えます。里芋は、皮付きのままラップに包んで、500Wのレンジで柔らかくなるまで加熱して皮を剥き、ボウルへ入れて潰し、塩コショウを混ぜます。鮭、アーモンドプードル、マヨネーズを加えて塩コショウで味を調えましょう。別のボウルで小麦粉、卵黄、パセリのみじん切りを混ぜ、コロッケダネをスプーンですくって付け、パン粉をまぶしたら、160℃~170℃の油でカラっと揚げて完成です。

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

yupponさん

yuppon / 神奈川県

毎日2人の男子と戦ってます!一人の自由時間が増えて好きなことに取り組めるようになりました。よりよい記事を目指して日々がんばります!

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る