qufour

【PR】お風呂場の嫌なニオイ、見えないところが原因!?おすすめお掃除法

【PR】エステー

シェアする この記事をクリップする   

お風呂場の嫌なニオイの原因になるが「皮脂の汚れやカビ」。そこで今回は、毎日のお風呂掃除をしても嫌なニオイが気になるときの、チェックポイントとお掃除方法をご紹介します。毎日のお掃除にプラスして「お風呂場の嫌なニオイ」を、追い出してみませんか。

 

嫌なニオイはどこから?落とし切れていない汚れをチェック

「浴槽や床の掃除は毎日しているのに、お風呂場からなんとなく嫌なニオイがする」そんな経験はありませんか?これは、落とし切れていない皮脂汚れやカビが原因かもしれません。いつものお手入れで見落としているところがないか、お風呂場を隅々までチェックしてみましょう。

 

シャワーだけでは不十分?こまめな掃除が肝心な場所

体を洗ったあとの洗い場の床や壁には、目に見えなくても皮脂汚れや石けんカスが飛び散っています。特に床の隅や壁の汚れは見落としがち。シャワーで洗い流すだけでは十分に落とし切れてないので、浴槽を掃除するついでに、床や壁、イスなども、スポンジとクリーナーを使ってお掃除しましょう。汚れが溜まりやすい排水溝も、フタを開けて汚れを取り除くことが重要です。こまめに掃除すれば、汚れもニオイもたまりません。

 

エプロンの内部は、カビ発生条件が揃っています

浴槽の側面のカバー「エプロン」を、これまで1度も外さずに放っておいたなら、外せる場合は内部を確認してみましょう。内部に溜まった汚れをエサに、カビなどが発生している可能性があります。またエプロンと浴室の壁の間の隙間は、お湯が流れ込むので、湿度が高く、汚れも溜まりやすい場所。カビが繁殖するのに好都合な環境なんです。エプロンの取り外し方や掃除方法は、メーカーの取扱説明書などを確認してみましょう。

 

ニオイ対策で忘れがちなのが「風呂釜」

シャワーで済ませる機会が多くなる夏場に、掃除を忘れがちなのが「風呂釜」です。「風呂釜」も高温多湿なので、使っていなくても、ニオイの発生場所になる可能性があります。気温が下がる秋口や年末の大掃除など、定期的にクリーナーで掃除をする日を、あらかじめ決めてしまうのがおすすめです。

 

「洗浄力 フロ釜クリーナー」洗浄・除菌・消臭の3つの効果

忘れがちな風呂釜掃除に活躍してくれるおすすめクリーナーが、エステー「洗浄力 フロ釜クリーナー」です。液体タイプなので、すばやく汚れに浸透して、風呂釜や配管内部に潜む湯ドロ、ヌメリを洗浄します。除菌効果もあるので雑菌を除去して清潔な状態にしてくれるうえ、嫌なニオイも抑えてくれます。ラクラク噴射ボトルを採用しているので、お掃除も簡単です。浴槽や風呂釜に使われているステンレス、ホーロー、プラスチック、タイル、ゴムなどを傷めることもありません。浴槽の穴が1つの「強制循環釜」、穴が2つの「自然循環釜」、ジェットバス、24時間風呂にも対応しています。

 

掃除以外の「ひと手間」が、ニオイ対策の効果をアップ

カビは、水分、温度、汚れ(栄養)の3条件が揃うと発生しやすくなります。掃除をして汚れを取り除くと同時に、入浴後は換気をして浴室内を乾燥させましょう。マンションなど窓のないお風呂場は、換気扇だけでは水気を十分に取り除けない場合もあるので、浴室乾燥機を利用したり、吸水ワイパーを使うのも効果的ですよ。

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

【PR】エステーさん

【PR】エステー / 東京都

エステーは、消臭芳香剤の「消臭力」や防虫剤「ムシューダ」などを製造、販売する生活雑貨メーカーです。
企業スローガンは「空気をかえよう」。
自分達が生み出した商品で家庭生活の空気を変え、社会の空気を変え、さらにはこの日本の空気までも変えていこうという思いが込められています。
エステーは、世にない商品の開発力で、暮らしを明るく元気に空気をかえます。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る