qufour

初心者さんでもOK!キルティング布の「カンタン通園バッグ」作り方とコツ

nontroppo

シェアする この記事をクリップする   

入園準備に欠かせない「通園バッグ」、市販品を購入すれば手軽ですが、子どもの好きな柄で作ってあげたいというママも多いですね。今回は、扱いやすいキルティング布を使った「通園バッグ」の作り方を解説します。上手に作るためのコツも写真付きでご紹介するので、お裁縫に慣れていない人もぜひチャレンジしてみてくださいね。

 

用意するもの

出来上がりサイズ:縦30cm×横40cmの場合

<材料と道具>

・キルティング布:縦64cm×横43cm
・持ち手用テープ(2.5~3cm幅):80cm
・ハサミ(布用裁ちバサミ、糸切りバサミ)
・ミシン糸(布の色に合わせる)
・まち針(またはしつけ糸と縫い針)

 

<あると便利な道具>

・チャコペンなど印付けの道具
・定規
・アイロン
・目打ち

 

今回は、お裁縫初心者さんでも扱いやすく、裏地を付けなくても丈夫に仕上がる「キルティング」という布を使います。キルティングは2枚の布の間に薄い綿を挟んでミシンステッチで押さえた生地で、軽くて丈夫なので小さい子どもが使うグッズ作りに最適です。持ち手用テープは100円ショップの手芸コーナーでも購入できます。写真のレース付きのものはダイソーで見付けましたよ。ミシン糸は、布の色に近いものを選ぶと仕上がりがきれいですし、ステッチが多少ゆがんでも目立ちません。まち針はミシン縫いの際に布がずれるのを防ぐために使うと便利です。またはしつけ糸で縫い合わせてもいいでしょう。

 

印付けの道具と定規は、ミシン縫いのところに線を引いておくとガイドになり、縫い目が曲がりにくくなります。アイロンは、布にしっかり折り目を付けたい場合にあると便利ですが、キルティングはアイロンが効きにくいこともあるので、その場合は手で折ったあと、まち針やしつけ糸で留めるといいですね。目打ちは、最後の仕上げにバッグの底の角部分を整えるときに、あると便利です。

 

工程1:キルティング布を袋状に縫う

今回は、出来上がりサイズが縦30cm×横40cmの物を作ります。用意したキルティング布は、バッグの出来上がりサイズの縦を2倍にし、縫い代分として縦4cm、横3cmを足した「縦64cm×横43cm」です。

 

布を縦長に置き、周りの4辺へジグザグミシンを掛けてほつれ止めをしたら(写真1)、表面が内側になるように横半分に折ります。「わ(折り目)」の部分がバッグの底となります(写真2)。

 

次に、バッグの両脇となる部分に、布端から1.5cmのところを、ミシンで直線縫いします。写真3の水色の線の部分に、チャコペンなどで縫い線に印を付け、まち針で数カ所留めてから縫うと、ずれにくくまっすぐに縫えますよ。左右両脇とも縫い合わせましょう(写真4)。縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。

 

工程2:持ち手を仮止めする

持ち手用のテープは、長さが半分の40cmになるように、2本に切り分けておきましょう。工程1で袋状にしたバッグの口部分をぐるりと1周、2cm幅で折り下げます(写真1)。このときアイロンを使ってもいいでしょう。また、工程1で縫った脇の縫い代は、左右に広げて割っておきます(写真2)。

 

次に、持ち手用テープの両端を、折り下げた縫い代へ差し込みます。バッグの中心からそれぞれ左右に7cmほど離れた位置へ、テープの裁ち目から長さ1cmを差し込むようにして、まち針で留めましょう(写真3)。テープはバッグの両面に1本ずつ留めます。写真のテープのように裏表がある場合は、表面を上に向けて留めましょう。

 

工程3:バッグの口を仕上げながら、持ち手を縫い留める

工程2で折り下げた部分の布端から0.5cmのところを、ミシンで直線縫いします。このとき、差し込んだ持ち手も一緒にミシンで縫い留めてしまいます(写真1)。ミシンに筒状のものを差し込んで縫える「フリーアーム」の機能があれば利用すると縫いやすくなります(写真2)。

 

次に持ち手を、縫い代の布端の位置で上へ折り上げてまち針で留め(写真3)、袋の口から0.5cmのところを、ぐるりと1周、直線ミシンで縫います(写真4)。ミシン目の始めと終わりは1~2cmほど重ねて縫い、さらに返し縫いもしておくとほつれにくくなりますよ。

 

工程4:表に返し、底の角を整えて完成!

バッグを表に返します。底の角がきれいに返せない場合は、目打ちなどを使って中に入っている布を引き出してあげるときれいに整います。最後に全体にアイロンを掛ければ、さらに美しく仕上がりますよ。

マチを付けたい場合は、巾着袋の作り方の「マチの作り方:その1」を参考にしてみてくださいね。

 

◇入園・入学準備に!100均材料で、簡単「巾着袋」作り方&マチ付け方2種類
https://qufour.jp/article/detail/3552

の、「マチの作り方:その1」を参考にしてみてくださいね。

 

まとめ

今回は、裏地やポケットなど面倒な工程を省き、シンプルで作りやすい通園バッグの作り方をご紹介しました。お子さんの好きな色や柄のキルティング布を見付けたら、ぜひ作ってあげてみてください。持ち手用テープの色の組み合わせにも個性が出るので、世界で一つのオリジナルバッグができますよ。

 

◇裁縫前回記事◇入園・入学準備に!100均材料で、簡単「巾着袋」作り方&マチ付け方2種類
https://qufour.jp/article/detail/3552

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

nontroppoさん

nontroppo / 埼玉県

ライフオーガナイザー。ズボラでも簡単にすっきり暮らすための収納や、生活の仕組み作りを模索中。
料理、お菓子作りのほかに、洋服やインテリア小物なども手作りするのが好きです。
高校生の息子の母です。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る