qufour

残った「ラー油」どうしてる?「パスタ」で簡単使い切り!レシピ5選

yuppon

シェアする この記事をクリップする   

ラーメンや麻婆豆腐、回鍋肉など、ちょっと足すと美味しさが増す「ラー油」は、少しずつしか使わないために余りがちな調味料の1つ。今回は、ラー油が美味しい「ピリ辛パスタ」のレシピを5品ご紹介します。子ども向けにはラー油なしで作って、大人だけ入れてもOK.。ランチにもピッタリですね。

 

ペペロンチーノ風パスタも、ラー油なら焦げ付かない!

レシピブログ  たっぷりきのことベーコンのラー油ペペロンチーノ(shunsk)

ペペロンチーノ風パスタも、ラー油を使えば焦げ知らずで、簡単です。シメジは小房に分け、エノキは石づきを取って長さを半分に切ってほぐし、エリンギはひと口大に割きます。ベーコンは幅1cmに切り、パスタは表示時間通りに茹でましょう。フライパンへ、オリーブオイル、ベーコンを入れて炒めて脂が出たら、シメジ、エノキ、エリンギを加えて炒めます。ラー油、パスタの茹で汁を加えて馴染ませ、パスタを和えてお皿へ盛ります。パセリを飾って召し上がれ。

 

豆乳と白ゴマペーストで、タンタン麺風に

レシピブログ  豆乳坦々パスタ(青木 敦子)

豆乳スープにラー油がほど良く溶け込んだ、タンタンメン風です。パスタは、表示時間通りに茹でて湯切りし、続けて同じ鍋で、食べやすい大きさに切ったチンゲン菜を軽く茹でます。ボウルへ、合いびき肉、ラー油、味噌、白ゴマペースト、砂糖を入れて混ぜたら、ゴマ油を引いたフライパンで炒めます。鍋へ、豆乳、白ゴマペースト、鶏ガラスープの素を入れて火に掛け、よく混ぜて白ゴマペーストを溶かします。パスタを加えて2分煮込み、器へスープと麺を盛り、肉味噌、チンゲン菜を乗せ、ラー油を回し掛けていただきましょう。

 

ピリ辛タラコパスタは、千切りダイコンでかさ増しして

レシピブログ  5分できた(≧▽≦)ラー油でピリッと大根でかさ増し♪アンチエイジング♪たらこパスタ(MOMONAO)

ラー油でピリ辛に仕上げたタラコパスタを、千切りダイコンでかさ増ししました。パスタは塩を加えた熱湯で、アルデンテに茹でます。ダイコンは千切りにしたら、ラー油、塩、すりおろしニンニクと混ぜ合わせておきます。ボウルへ、湯切りしたパスタ、皮を外したタラコ、千切りダイコンを混ぜ合わせ、食べやすく切った豆苗、ミニトマト、刻み海苔を乗せて完成です。タラコの代わりに市販のパスタソースを使っても。

 

焦がし長ネギとショウガが、トマトパスタにマッチ

レシピブログ  焦がしねぎとトマトのジンジャーパスタ(庄司いずみ(izumimirun))

ラー油に、長ネギとショウガが効いたトマトパスタです。長ネギは斜め切り、トマトはザク切りにします。油を引いたフライパンへ長ネギを入れ、焦げ目が付くまで炒めます。トマト、すりおろしショウガを加えて炒め合わせたら、水分を煮詰めましょう。味噌、ラー油、表示通りに茹でて湯切りしたパスタと和えたら出来上がりです。

 

スープまで完食!豚肉とニラがタップリのエスニック風

レシピブログ  豚ニラスープパスタ(青木 敦子)

豚肉とニラをタップリ入れ、エスニック風の味付けでスープまで美味しくいただけます。豚ロース薄切り肉は食べやすい大きさに、ニラは長さ3cmに、トウガラシはタネを取って小口切りにします。鍋へ、水、八角、中華スープの素、トウガラシ、焼き肉のタレ、砂糖、豚肉を入れて火に掛けます。豚肉に火が通ったら、時間通りに茹でたカッペリーニ、ニラを加えて煮込みます。溶き卵を流し入れて固まったら、お皿に盛り付けてラー油を垂らしていただきましょう。

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

yupponさん

yuppon / 神奈川県

毎日2人の男子と戦ってます!一人の自由時間が増えて好きなことに取り組めるようになりました。よりよい記事を目指して日々がんばります!

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る