qufour

[ダウン症児と私51]2回目の聴力検査は、心臓のエコー検査と同時に

ナナ

シェアする この記事をクリップする   

聴力の精密検査を受けることになったユキトくんですが、前回は睡眠導入薬が効かず検査を受けられませんでした。今回は、心臓のエコー検査に合わせて、耳の再検査をしたときのお話です。

 

心臓のエコー検査に合わせて耳の再検査

先日は、睡眠薬導入薬を飲んだあと4時間も眠ることができず、聴力の精密検査ができなかったので、改めて検査することになりました。ちょうど心臓検査の予定があったので、同じ日に行なうことになりました。心臓の検査も、眠った状態でいろいろな検査を受けるので、耳の検査と同様、まずはユキトに眠ってもらわなければなりません。今回も、朝のごはんと水分を少なめに取って、早めに病院に行きました。

 

オレンジシロップを飲んで、眠らせること2時間半

まずは体重を計ってから、前と同じ睡眠導入薬のオレンジシロップをシリンジ(針のない注射器)で飲ませてもらいました。朝ごはんを少なめにして来ましたし、ユキトも慣れてきたのか、今回は嫌がらずにきちんと薬を飲んでくれました。その後、お腹いっぱいになると寝てくれるのではないかと思いユキトにたくさんごはんをあげました。ごはんのあとはプリンやヨーグルトなども、多めに食べさせました。そしてベビーカーで病院内を散歩し、子どもを寝かせるための「睡眠誘導室」へ入りました。この時点で1時間半くらい経っていたので、今回も看護師さんが追加の白い粉末の睡眠薬を飲ませてくれました。わたしは、また病院内を散歩したり、暗い部屋でゆっくりさせたり、繰り返していました。すると、2時間半でユキトはベビーカーに乗ったままやっと寝てくれました。

 

2年ぶりの心臓の精密検査で、穴が塞がったかを確認

まずは2年ぶりの心臓のエコーの検査を受けました。ダウン症のユキトは生まれながらに心臓に2つ穴が開いています。「心室中隔欠損」と「心房中隔欠損」です。幸いなことに心臓の穴は小さく、成長とともにだんだんと自然に塞がって来ました。今回は、2年前に受けた検査のときに小さくなっていた穴が完全に塞がったのかを確認します。

心臓のエコーをするときは体へゼリーを付けるので、前開きの服を着せなくてはいけなかったのですが、2年ぶりのことですっかり忘れてしまい、被るタイプの服で来てしまいました。ユキトはイビキをかいてしっかり寝ているし、暖房も入っていたので、上半身の服を全部脱がせて検査をしてもらいました。

 

診察室を移動して、耳鼻科の検査へ

心臓の検査は20~30分ほどで終わりました。今度は耳鼻科の検査の先生のところへ、ユキトを起こさないように抱っこして運びました。エコー検査室と耳鼻科の検査室が同じフロアで近くにあり助かりました。上半身裸でしたが服を着せて起きてしまったら困るので、バスタオルで体を包んで検査をしてもらいました。耳の精密検査は、本人が起きないように暗い部屋で、1時間近く掛けてしっかりと聴力を調べてもらいます。

 

診断結果

無事に2つの検査が終わりました。検査が終わると、まずは心臓の循環器科の先生の診察です。結果は「心臓の穴は自然閉鎖で完全に塞がっていて、もう定期検診にも来なくていい」とのことでした。生まれながらにあった穴は4歳と10カ月で完全に塞がりました。そして、耳鼻科の精密検査の結果は、右は少し聞こえが弱く40デシベル。40デシベルは、ひそひそ話は聞こえず、普通の会話は聞こえるレベルです。左は20デシベルまで聞こえていて異常なしということでした。

 

◇[ダウン症児と私50]驚くほど早い回復の一方、ストレスで耳の状態は悪化
https://qufour.jp/article/detail/3697

◇ナナさんの記事一覧
https://qufour.jp/users/article/40914

人気のキーワード

この記事を書いた人

ナナさん

ナナ / 東京都

3才のダウン症の息子「ユキト」と、1才半の弟「マサト」のママの「ナナ」と申します。ダウン症の子どもを育てている様子や、母親の気持ちなどを率直にお話ししたいと思います。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る