qufour

フランスママに学ぶ、「ママ友のお家へ持って行く手土産」

石狩熊子

シェアする この記事をクリップする   

子どもを介して知り合い、仲良くなった「ママ友」と互いの家を行き来することもありますよね。今回は、フランスママが仲良しのママ友のお家へ行くときに持参している手土産をご紹介します。フランスママは、超仲良しでなければ自宅を行き来することは絶対にありません。ですから自宅を行き来できるのは、ママ友であり友人でもあるという証拠なのです。

 

お茶飲みだけなら手土産はなし

フランスママは朝に子どもを学校へ送ってから、仲良しのママ友と自分の家や相手の家で、お茶を飲む人が多くいます。働くママでも平日に休みのある人は、おしゃべりするためにコーヒーを用意して待っているのです。お家で一緒にコーヒーを飲みながら、子どものことや、家族のこと、仕事のことなどおしゃべりします。こんなお茶のみ程度の訪問では、手土産は持って行かないのが普通です。お返しとして、次に自分の家へ招いてお茶飲みをするので、手土産を持って行く習慣がないんです。 

 

家庭菜園での収穫した新鮮なお野菜

仲良し度の高い相手なら、フランスママはアポなしで思い立ったときに突撃訪問する人が多くいます。一般的なパターンとしては自宅の家庭菜園でたくさんの野菜が収穫できたときに、おすそ分けのために訪問します。ニワトリを飼っているママ友の場合には、卵のおすそ分けに来てくれることもあります。相手の家に野菜や卵があるかは関係なく「自分の家にたくさんあって食べ切れないから持って行く」ということが多いので、もらった側がお返しをすることは特にありません。

 

庭で取れた季節の果物

田舎に住んでいたり、庭のある家に住んでいるフランスママには、果物の木を植えている人が多くいます。そのため、季節ごとにイチゴや洋梨、リンゴやサクランボ、カシスやラズベリーなどを山のように持って来てくれるのです。特にサクランボの木はあちこちの家にあるうえ、1度に大量に赤くなるので、5~6月ごろになると数日おきに運んで来てくれるママ友もいるぐらいです。あちこちから頂いて、食べ切れないときにはジャムにして保存します。 

 

手づくりのケーキやお菓子

フランスママは、ヒマなときに自宅でお菓子作りをする人が多く、ママ友のお家に家族そろってお呼ばれしたときなどに手土産に持って来てくれます。自宅の庭で卵がたくさん採れたからケーキを作って来たとか、家のリンゴを収穫して余ったから、タルトを作ってみたとかの理由で、週末のおやつの時間帯に子ども連れで遊びに来たりします。そのほかにも、子どもとお菓子を作ったから一緒に食べようと、訪問してくることもあります。

 

1頭買いの肉で作った自家製ソーセージ

フランスママは、1度に大量のお肉をお安く仕入れて加工し、冷凍保存して食費を浮かす人も多くいます。例えば、豚や羊を丸ごと1頭買い込んで自宅のお風呂場やガレージで解体し、それぞれの部位ごとに料理しやすく切り分けたりして保存するのです。そして、たくさんあるからとお肉そのものを分けてくれるんです。切り分けたお肉で作った、自家製ソーセージやリエット、ブダンノワールという豚の血入りの真っ黒いソーセージなどを手土産として頂くこともあります。

 

まとめ買いした加工肉

フランスママは安くまとめ買いするのが大好き。知人を通したりして安くまとめ買いしたハムやサラミなどの加工肉を、手土産に持って来てくれることもあります。いろいろな種類の加工肉を持って来てくれるので、サンドイッチにしてみんなで食べたりして消費しているんです。日持ちするので、1度にたくさんもらっても困ることもなく、むしろ重宝します。あまりに多いときには、仲良しのご近所さんに食べて助けてもらうこともあります。

 

働くママはテイクアウトのランチ

働くフランスママの場合、いつも忙しく時間が取れないので、仕事がお休みの平日にテイクアウトのランチを持って遊びに来てくれることがあります。子どもたちは、学校の食堂でお昼を食べる子と、家にお昼を食べに帰って再登校する子がいるので、子どもがお昼の再登校をしてから、ママ友同士でゆっくりおしゃべりしながら持参してくれたランチを楽しみます。ケバブやマクドナルドなどのファストフードやピザなどが多く、仕事が休みの日にわざわざ自宅で作ったものを持って来るということはありません。レストランでママ友ランチをする人は、フランスママにはほとんどいないのです。

 

わざわざ買うことはしない

働くママのお休の日のテイクアウトランチ以外は、ママ友の家に行くからと言って手土産を購入したりしないのがフランスママです。自宅にあるものを持って行く感覚が強く、家族全員そろって食事会に招かれた場合には、花束やワインなどを買うことはありますが、ただママ友の家に行くだけなら、お金は使わないのが一般的です。

 

◇フランスママに学ぶ「赤ちゃんの歯がため」に使われている代用品7選
https://qufour.jp/article/detail/3707
◇石狩熊子さんの記事一覧
https://qufour.jp/users/article/40966

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

石狩熊子さん

石狩熊子 / 東京都

在仏17年、田舎暮らしを満喫中の小・中・高校生の4児の母。
趣味は地元の年寄りたちとのお茶飲み&ツイッタ-。人生は楽しく生きたいタイプ。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る