qufour

忙しいあなたに「お部屋で手軽に森林浴」樹木の香りで心も体もリラックス

宮本きこ(アロマテラピーインストラクター)

シェアする この記事をクリップする   

少し疲れが出始める5月、疲れと緊張をリセットしたいと思ったら、森林浴を思わせる香りを試してみてください。今回は、樹木系の香りを使った「家でできる簡単な森林浴」ご紹介します。香りを用意するだけでリラックス効果が得られるので、特に忙しい毎日を送っている人におすすめですよ♪

 

森林浴の効果って?

昔のヨーロッパでは、松林の中に病気治療のための療養所が作られることが多かったと言われています。これは、日常から離れた空気のきれいな空間で、松の香りに包まれることによる癒し効果が知られていたからです。近年では科学的にも、森林の香りに交感神経(活動するときの神経)の高ぶりを抑え、副交感神経(休まるとの神経)を優位にする作用があることが確認されています。アロマの香り作用を利用すれば、忙しい日々で大自然の森林に出向く時間がなくても、お部屋の中で森林浴に似た効果を得ることができるんですよ。

 

アロマ森林浴のやり方

室内でアロマの香りを効果的に拡散させるには、「ディフューザー」と呼ばれる精油の香りを拡散させる機械を使うと便利です。今回は、森林に似せた香りを作りたいので、原材料が「樹木」の精油を選ぶのがポイントです。例えば、モミ、パイン、サンダルウッド、ヒノキ、ヒバ、クロモジ、ヒメコマツなどをディフューザーにセットしてみましょう。香りを拡散させたら、できるだけゆったりした姿勢で体を休めてくださいね。精油を何滴使うかは、お使いのディフューザーの説明書に従ってください。もし、ディフューザーをお持ちでなければ、ティッシュに精油を染みこませてお皿の上に置いても良いでしょう。

 

<おすすめの樹木系精油>

モミ、パイン、サンダルウッド、ヒノキ、ヒバ、クロモジ、ヒメコマツ

 

ほかの香りとブレンドしてみよう

本来、森林の香りには、その樹木そのものの香りのほか、土や落ち葉が発酵する匂いなど、さまざまな香りが含まれています。お部屋で森林浴を楽しむときにも、樹木系の精油だけでなく、ほかの精油を全体の2~3割程度ブレンドしても良いでしょう。土っぽい香りが印象的なベチパー、奥深いスモーキーさが特徴のパチュリ、香りがまろやかなオレンジやラベンダーなどを混ぜながら好きな香りを探す時間も気分転換になりますよ。

 

<樹木系精油にブレンドするおすすめの精油>

ベチパー、パチュリ、オレンジ、ラベンダー

 

まとめ

忙しい毎日、自宅で気軽に心と体を休める方法を知っていると役に立ちます。お部屋で香らせるだけで楽しめるアロマだから、簡単に始められるのも嬉しいところ。なんだか気持ちも心もすっきりしないな、というときの気分転換に取り入れてみてくださいね。 

 

◇材料2つを混ぜるだけ!アロマの「ヘアオイル」で髪のツヤを取り戻そう♪
https://qufour.jp/article/detail/3726
◇宮本きこ(アロマテラピーインストラクター)さんの記事一覧
https://qufour.jp/users/article/40971

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

宮本きこ(アロマテラピーインストラクター)さん

AEAJ認定アロマテラピーインストラクター。2012年に自宅でアロマ教室を開き、のべ800名余りの方にアロマテラピーのある生活を提案してきました。何時もご縁を大切に、アロマの輪を大きく育てていきたいと思っております。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る