qufour

「空気清浄機」購入目的に地域差!利用者NO.1メーカーは?[1万人調査]

qufour(クフール)編集部

シェアする この記事をクリップする   

冷暖房で窓を締め切る機会も増え、今や「空気清浄機」は欠かせないアイテムですね。今回は男女1万人に、利用している空気清浄機の台数、メーカー、購入目的などを聞いたアンケート調査をご紹介します。結果からは、購入目的には地域差が見られ、利用者が最も多いメーカーは、過去2回の調査と変わらず同じメーカーでした。

 

空気清浄機の利用は約3割、台数は「1台利用」が主流

インターネット調査会社のマイボイスコムが、「MyVoice」アンケートモニターへ登録している男女10,321人へ行なった「空気清浄機」についてのアンケート調査で、「(世帯での)空気清浄機の利用台数」を尋ねたところ、「1台利用している(25.2%)」という人が最も多く、「2台利用している(8.1%)」、「3台以上利用している(3.3%)」を合わせると、36.6%が空気清浄機を使っていると分かりました。過去3回分の同じ質問への回答結果と比べても大きな増減は見られませんでした。

 

空気清浄機は「シャープ製」が4割で最多

また、主に利用している「空気清浄機のメーカー」を聞くと、最多は「シャープ(42.7%)」で、「パナソニック(18.9%)」と「ダイキン工業(17.6%)」が続きました。過去の調査を見ても、シャープは1位をキープしており、人気の高さがうかがえます。

 

空気清浄機は、「花粉」「ほこり」「ウイルス」対策のため

次に「空気清浄機の購入目的・理由」について尋ねると、「花粉対策(54%)」「ほこり対策(44.1%)」「ウイルス対策(33.8%)」が上位となり、空気中の飛散物を気にして購入する人が多いことが分かりました。また、「PM2.5対策」は全体で見ると14.1%と低めですが、九州ではほかの地域よりも割合が高く、同じように「花粉対策」は関東で高く、北海道や九州、四国では低い傾向が見られ、地域によって差が出る結果となりました。

 

空気清浄機に求めるものは?

空気清浄機を現在利用している、またはこれから利用したい人へ「選定時の重視点」を聞いたところ、「価格」「メーカー・ブランド」「手入れのしやすさ」が5~6割、「集じん機能」「花粉除去機能」が各4割となりました。さらに、「空気清浄機についての期待・要望」に寄せられた2,398件のコメントから一部抜粋してご紹介します。

  • ほこりをしっかり吸い取り、クリーンな空気にしてくれること(男性・22歳)
  • フィルター交換タイプか掃除で済むタイプなのか、分かりやすく表示してほしい(男性・49歳)
  • 5年以上使っているとフィルターが手に入れにくい(男性・49歳)
  • 花粉の時期は夜寝るのも辛く、本気で購入を検討中。花粉除去機能があれば良い(女性・26歳)
  • デザイン重視ですので、スリムでカッコいいのを求めます(女性・34歳)

 

まとめ

空気清浄機を使っている人は、タバコやペットの臭いよりも花粉やPM2.5など空気中の飛散物を何とかしたい場合が多いようです。小さな子どもがいる家庭では、空気清浄機を使っていると子どもがぶつかって倒してしまうこともありますね。そんな悩みを解消するには、リビングに置いても邪魔にならないスリムなデザインや、壁掛けタイプを選ぶと良いかもしれませんね。

◇空気清浄機に関するアンケート調査(MyVoice)
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000597.000007815.html

人気のキーワード

この記事を書いた人

qufour(クフール)編集部さん

qufourは暮らしに役立つ情報を毎日配信しています。忙しい毎日の中で役立つ家事のコツや、子育てのヒントなどを紹介。ぜひお気に入りの記事を見つけてくださいね。気になった記事は、クリップ機能で空いた時間にまとめ読みもできます。https://qufour.jp

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る