qufour

ハギレで作ろう!かわいい「親子シュシュ」詳しい作り方と簡単アレンジ

nontroppo

シェアする この記事をクリップする   

まとめ髪にあしらうと、とってもかわいい「シュシュ」は、家にあるハギレでも簡単に作れますよ。今回は、大人用と子ども用の「シュシュ」の詳しい作り方と、レースを使ったアレンジバージョンをご紹介します。手縫いでも作れるので、親子でお揃いのシュシュを作って楽しんでみませんか。

 

用意するものと使い方

<用意するもの>

【大人用】出来上がりサイズ:外径約15cm

・ 布:幅15cm×長さ60cm
・ ゴム(ヘアゴムでも、平ゴムでもOK):20cm

 

【子ども用】出来上がりサイズ:外径約9cm

・ 布:幅7cm×長さ32cm
・ ゴム(ヘアゴムでも、平ゴムでもOK):16cm

 

【共通】

・ ゴム通し
・ 針と糸
・ゴムを止めるクリップや洗濯バサミなど

 

布の長さは指定より長くすればギャザーが多く入り、よりボリュームのあるシュシュになります。布の幅も、多くすれば太めのシュシュになり、少なくすればスッキリした仕上がりになりますので、お好みで調節してください。ゴムはヘア用でも、手芸用の平ゴムでもどちらでも作れます。輪にするとき、ヘア用の丸ゴムなら結ぶだけでOKです。平ゴムでも結んで作れますが、結び目がゴロゴロするのが気になるなら縫い留めるといいでしょう。

 

ゴム通しは、布の中へゴムを通すのに使います。専用の器具がなければ安全ピンなどでも代用できますよ。糸は布の色に近いものを使いましょう。また、ゴムを布に通すとき、片方のゴム端が布の中へ入ってしまうのを防ぐために、端を留めておくクリップや洗濯バサミなどがあると便利です。

 

<大人用シュシュ>作り方1:布の長辺を縫って筒状にする

布を横長に置き、布の裏側が表になるように横に2つ折りにし、折り目を下にしたときになる上側の布端を、左右を約5cmずつ空け、縫い代1cmでミシンまたは手縫い(返し縫い)で縫いましょう(写真1)。端から表に返し(写真2)、全体を整えます(写真3)。5cmずつ空けた部分はゴム通し口になりますが、縫線を延長させてアイロンで折って整えておきましょう。

 

<大人用シュシュ>作り方2:短辺を縫って輪にする

布の短辺同士を合わせるように布を2つ折りにします。縫った場所よりも端の部分を開くようにして、短辺の布端同士を、布の表側が内側になるように合わせて、まち針で留めます(写真2)。縫い代1cmでになるように、ミシンや手縫いで直線縫いします(写真3)。開いている部分がゴム通し口になります(写真4)。

 

<大人用シュシュ>作り方3:ゴムを通し、通し口を閉じる

ゴムの片端をゴム通しにセットします。ゴムのもう片方の端は、布の中に入ってしまわないようにクリップなどで縫い代に留めておくと安心ですよ(写真1)。ゴムを布の中へぐるっと通したら、ゴムの両端同士をしっかりと結びます(写真2)。平ゴムの場合はゴムの端同士を1~2cm重ね、糸でしっかりと縫い留めてもいいでしょう。最後にゴム通し口をまつって閉じます(写真3)。これで大人用シュシュの完成です(写真4)。

 

<子ども用シュシュ>作り方とコツ

子ども用シュシュも、大人用シュシュと同様に作ります。出来上がりサイズは、外径約9cmです(写真2、左が子ども用。右は大人用)。サイズが小さいため、2回目に縫うとき(大人用作り方2の写真2、3)、ミシンだと少しやりにくいようなら、手縫いの返し縫いでしっかり縫い留めるか、1度目で縫い残す部分を5cmよりも長くするといいですね。

 

<アレンジ>レースの付け方1

シュシュの周りにぐるりとレースをあしらったアレンジバージョンのご紹介です。レースは、幅1.5cm以上のものを、布の長辺の長さを用意します。布を横長に置き、上側の長辺の布端とレースの端を、それぞれの表同士を合わせて置きます(レースの上端が下向きになります)。このとき、布の左右からそれぞれ1cmのところにレースの上端が来るように、途中からなだらかなカーブを描くようにセットしましょう(写真1)。まち針などで留め、レースの上端5mmくらいを縫い代として、ミシンか手縫いで直線縫いします(写真2)。次に、布の表側が内側になるようにして、横に2つ折りにし、左右を5cmほど空けて縫い代1cmで縫いましょう(写真3)。表へ返し、5cm空けた部分の縫い代も1cmの所で折って整えると、写真4のように左右の縫い代1cmの部分にはレースが見えず、レースの裁ち目がきれいに布の中へ入っている状態になります。

 

<アレンジ>レースの付け方2

大人用シュシュの縫い方2と同様に、短辺同士を縫って輪状にし(写真1)、ゴムを通し、ゴム通し口をまつって閉じます。レースのつなぎ目は写真2のように見えにくく、レースの裁ち目は自然に縫い代の中へ入り、きれいに見えなくなっています。これで完成です(写真3)。

 

まとめ

ハギレで作れるので、余り布があったら気軽にチャレンジできますよ。お子さんの簡単なスカートを縫ったあと、余った布でシュシュを作ってあげても素敵ですし、好きな布でママとお揃いのシュシュを作るのもいいですね。100均のハギレなどでは長さが足りないこともありますが、その場合は途中で接いでもいいでしょう。髪にクシュクシュと着けてしまえば、接ぎ目はほとんど目立ちません。

 

◇やってみよう!伸びた、切れた「縫い込みゴム」の取り替え例とコツ
https://qufour.jp/article/detail/3716

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

nontroppoさん

nontroppo / 埼玉県

ライフオーガナイザー。ズボラでも簡単にすっきり暮らすための収納や、生活の仕組み作りを模索中。
料理、お菓子作りのほかに、洋服やインテリア小物なども手作りするのが好きです。
高校生の息子の母です。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る