qufour

[調理の下処理65]基本をおさらい!「茹でタコ」の下処理と切り方

じゅん(管理栄養士)

シェアする この記事をクリップする   

夏至から11日目の7月2日ごろに始まる半夏生(はんげしょう)には、さまざまな習慣があり、関西地方ではタコを食べます。今回は、半夏生にちなんで、スーパーで手に入りやすい「茹でタコ」の下処理をご紹介します。半夏生は雑節の1つで、田植えを終わらせる目安の日とされていました。植えたイネがタコの足のようにしっかりと根を張り、豊作を祈願してタコを食べるようになったと伝えられています。

 

下処理1:汚れを落とす

茹でタコの表面の汚れは、手でやさしくこすりながら洗い流します。とくに、吸盤の間や足のつけ根は、よく洗いましょう。頭が付いている場合は、口ばしや内臓が残っている可能性があります。内臓の汚れは洗い流し、口ばしは包丁で切り落としましょう。

 

下処理2:食感が固い部分を切り落とす

足裏の側面には、足のつけ根から先端に向かって水かきが付いています。水かき部分は食感が固く、残っていると口当たりが悪くなります。まず、足を1本ずつ切り離し、水かき部分を包丁の先を使ってそぎ落としましょう。

 

下処理3:切り方

刺身や酢の物など、タコ料理で使われる切り方をご紹介します。写真左上のそぎ切りは、足を固定して斜めに薄くそぐように切ります。刺身や酢の物などに。右上の乱切りは、足を回転させながら、大きさをそろえて不規則な形に切る方法です。煮物や酢の物などに。写真左下の角切りは、輪切りにしたあと半分に切ってサイコロ型にします。タコ焼きや炊き込みごはんに。写真右下は頭の切り方ですが、ほかの切り方に合わせて切り、くちばしは取り除きます。手に入りやすい茹でタコを使って、半夏生を過ごしてみませんか。

 

◇【調理の下処理64】焦げにくい、腐敗しにくい「澄ましバター」の作り方
https://qufour.jp/article/detail/3753
◇じゅん(管理栄養士)さんの記事一覧
https://qufour.jp/users/article/41007

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

じゅん(管理栄養士)さん

チョコレートと漬物が好きな管理栄養士です。現在、子育てに奮闘中。体力の衰えを感じながら、子どもと公園を走り回っています。家事の効率化とシンプルライフを目指して、日々の生活を見直し中です。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る