qufour

夏本番!熱帯夜を快適に過ごすための「エアコンの使い方」

qufour(クフール)編集部

シェアする この記事をクリップする   

関東・甲信地方で梅雨明けが発表され、いよいよ猛暑と熱帯夜の日々がやってきます。今回は、熱帯夜を快適に過ごすためのエアコンの使い方をご紹介。エアコンをつけているのに「暑くて眠れない」「暑くて夜中に起きてしまった」という経験はありませんか。熱帯夜でも快適に眠るために、エアコンをひと晩中付けっぱなしにする方法と、タイマーでON/OFFする方法の2つをご紹介していきましょう。

 

エアコンを使っても「寝付けない」「夜中に起きる」6割以上

空調総合メーカーのダイキンが行なった「真夏の夜の睡眠」に関するアンケート調査で、「エアコンを使用していても暑くてなかなか寝付けないことがあるか」を尋ねたところ、「ある(17.1%)」と「ときどきある(45.9%)」を合わせた回答が6割を超えました。また「暑くて夜中に起きてしまう」経験の有無を聞いたところ、こちらも「ある(14.2%)」と「ときどきある(47.0%)」を合わせた回答が6割以上となり、エアコンを使っても暑くて寝苦しいと感じる人が多いことが分かりました。

 

「ひと晩中エアコンを付けて眠る」ときの快適な温度と湿度

眠りに入ろうとするとき、人は手足が熱くなったり汗をかいたりして体の熱を放出しようとします。温度ばかりか湿度も高い状態では、汗が乾きにくく不快に感じるうえ、体温調節もうまくいかなくなります。ひと晩中エアコンを付けて快適に眠るためには、室温は28℃以上に設定し、「除湿」モードで湿度を50~60%にキープすると、体温が下がり過ぎることなく汗を乾かすことができ、涼しさを感じられるそうです。

 

エアコンの付けっぱなしが苦手なら「切タイマー」を活用

一方、エアコンを付けっぱなしにしたくない人は、タイマー運転を活用すると便利です。眠りに入った直後は体の発汗が促進されるので、寝苦しさを感じやすいタイミング。眠る前にエアコンを付けて部屋を冷やしておき、「切タイマー」を3時間後に設定すると、平均的な睡眠周期と言われる90分の周期が2回確保され、深いノンレム睡眠で快適に眠ることができます。

 

「よく眠れたか」は起床時がカギ!エアコン活用で快適に

快適な眠りに就くのと同時に、よく眠れたと感じられるかどうかは、起きたときの快適さに大きく左右されます。朝、起きたとき汗をかいて不快に感じるようであれば、起床時間に合わせてエアコンの「入タイマー」をセットしておくのもいいですよ。

 

◇熱帯夜の困りごとと解決法(ダイキン)
https://www.daikin.co.jp/air/knowledge/labo/kaimin/

人気のキーワード

この記事を書いた人

qufour(クフール)編集部さん

qufourは暮らしに役立つ情報を毎日配信しています。忙しい毎日の中で役立つ家事のコツや、子育てのヒントなどを紹介。ぜひお気に入りの記事を見つけてくださいね。気になった記事は、クリップ機能で空いた時間にまとめ読みもできます。https://qufour.jp

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る