qufour

手作りがカワイイ!一手間かけて、気持ちを込めた年賀状アイデア5選

やまも

シェアする この記事をクリップする3842view   0 

気持ちを込めて、ひと手間加えた年賀状って、いいですよね。今年は、みなさんはどんな年賀状を作る予定ですか?今回は、手作り年賀状のアイデアを5つご紹介します。

 

手作りハンコで作る年賀状

pirihanko

芋版や消しゴムハンコなどの手作りハンコは、手軽にオリジナリティが出せますね。子どもと一緒に作るなら、図柄を小さい子どもが描いてもらってお母さんが彫ってみてもいいですし、彫りやすい図柄をお母さんが描いてあげれば初めての子どもでも彫りやすいですね。押し方の違いや、ゴムや木といった素材の違いでも、ハンコの表情は変わってきます。最近は、細かい線で繊細な表現ができ、かすれ具合に雰囲気のある版画用のゴム版をつかったゴム版ハンコも人気ですよ。

 

ステンシルで作る年賀状

mebooooo

ステンシルは、絵柄の形に切り抜かれたシートのうえから、インクの付いたスポンジや筆で、色づけする手法です。同じシートでも、塗る色を変えたり強弱を加えると、1枚ごとに趣の異なる作品ができますよ。ステンシル用のシートは、文具店や100均のクラフトコーナーで手に入りますし、画用紙で自作してもいいですね。インクが乾かないうちに、ラメをふりかけるとお正月っぽくなり、おすすめです。ラメは100均の文房具コーナーや、ネイルコーナーで手軽に手に入りますよ。

 

マスキングテープやシールで作る年賀状

setia_paper

マスキングテープやシールを持っている人も多いのでは?そのマスキングテープやシールを利用して、ハガキに手を加えてみましょう。既に印刷された年賀状に1枚シールを張ったり、マスキングテープで縁取りするだけでも、雰囲気が変わりますね。また、一言メッセージを書いたマスキングテープを貼るだけでも手作り感が出ます。小さくちぎったマスキングテープを貼って、ちぎり絵風という方法もありますよ。

 

ボタンやリボン、写真で作るコラージュ年賀状

tinklycricket_blog

レースやボタン、チャームなどをコラージュして年賀状を作ってみてもいいですね。素敵な立体コラージュですが、年賀状のために何枚も作るのは大変!そこでコラージュを1枚だけ作って、スキャナーで取り込み、ハガキに印刷してしまいましょう。立体感そのままのコラージュ年賀状ができますよ。スキャナーがない場合はハガキサイズより大きいA4用紙にコラージュしたものを、デジカメで撮影しても作れますよ。

 

手すき紙で作る年賀状

inarin_17

官製ハガキとは異なる手触りの年賀状は、特別感があると思いませんか?市販の和紙ハガキを使ってもいいですが、手すきハガキを作って年賀状にしてみてはいかが。お子さんの教材などで、漉き枠があるお宅もあるかと思います。また紙すきセットは、ホームセンターやECサイトなどで手に入りますし、牛乳パックを使ってパルプ材料を作れば1Lパック1個で3〜4枚のハガキが作れますよ。

手すきハガキの作り方はこちら
枠のセットがあれば簡単!子どもと作る「手すきハガキ」の年賀状

 

まとめ

手作り年賀状と聞くと、一枚一枚自分で書いて、先生や友達へに年賀状を出した、子どもの頃を思い出しませんか?友達の顔を浮かべながら、字や絵を書いたのは私だけではないと思います。今はいろいろと便利になりましたが、子どもに年賀状を手作りさせてみたい親御さんは多いのではないでしょうか?そんなときは、今回紹介した作り方を思い出していただけたら、と思います。

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

やまもさん

やまも / 埼玉県

最近、子どもと折り紙をよく作るようになりました。
「お得」「簡単」「時短」が大好きな
ズボラ主婦です。
簡単に「ステキ」を実現できる情報をお伝えしたいと心がけています。色彩について勉強中。
アシスタント・カラーコーディネーター取得。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る