qufour

おしゃれだけど大きくて重いボタン…裁縫の基礎「足付きボタンの付け方」

nontroppo

シェアする この記事をクリップする   

カーディガンやブレザーなど厚地の衣類に付いていることが多い「足付きボタン」。今回はその付け方をイラストで解説します。足付きボタンは、ボタン穴が表から見えないので、ボタンのデザイン性が高くおしゃれ着にピッタリ。付けるときは、穴付きボタンとは違ったコツがあります。取れにくくきれいに仕上がる付け方をマスターしましょう。

 

工程1:玉結びを作り、布へ縫い止める

針に糸を通し、玉結びを作ります。糸はボタン付け専用の糸か、ない場合は針へ通した糸の両端を合わせて玉結びを作る2本どりにしましょう。ボタン付け位置の中央を小さく一針すくい、そのまま針をボタンの穴に通してから布の裏に針を出します。同じ手順を2~3回繰り返して、ボタンを布へ縫い止めます。針で布をすくうときは、大きくすくうと布にシワが寄ってしまうので、1~2mmほどにします。

 

工程2:ボタンの根元をしっかり引き締める

裏から針を、ボタンを縫い止めた糸のきわへ出します。次に糸でボタンの周りに輪を作り、その輪の中に針を通して強めに引き締め、糸のきわで1針すくいます。

 

工程3:玉止めをする

糸の出ているところへ玉止めを作ります。糸の根元から離れないように、できるだけ根元近くに作りましょう。あまりに離れてしまうと、糸がゆるんでボタンが取れやすくなってしまいます。

 

工程4:玉止めを隠して糸端を始末する

玉止めのすぐそばへ針を入れ、布をすくって少し離れたところに針を出して糸を強めに引きます。玉止めが布の下に隠れたら、布のきわで糸を切ります。

 

応用編

何度も着て飽きてしまったジャケットやカーディガンも、ボタンを取り替えるだけでイメージが変わります。お気に入りのボタンを見つけたら、ご紹介した付け方を参考にして付け替えてみませんか。きっと新鮮な気持ちで、また着られますよ。

 

まとめ

足付きボタンは、穴付きのボタンと違って「糸足」が不要です。ボタンの足がその役割を果たしてくれます。足付きボタンは、コロンと厚みのあるものや、少し大きめのものも多いので、、しっかり付けないとボタンの重みで糸がゆるんで、取れやすくなってしまいます。適度に糸を引き締めながらしっかりと付けましょう。

 イラスト:たちばなかより

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

nontroppoさん

nontroppo / 埼玉県

ライフオーガナイザー。ズボラでも簡単にすっきり暮らすための収納や、生活の仕組み作りを模索中。
料理、お菓子作りのほかに、洋服やインテリア小物なども手作りするのが好きです。
高校生の息子の母です。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る