qufour

余ってない?思い立ったらすぐ作れる!甘酸っぱい「リンゴ」スイーツ6選

ふみか

シェアする この記事をクリップする   

いただくことも多いリンゴ、お家に余っていませんか?今回は、思い立ったらすぐ出来そうなリンゴを使ったお菓子のレシピを6つご紹介します。生で食べるのもフレッシュでいいですが、焼いたり煮たり、加熱したリンゴの甘さも格別ですね。バレンタインの贈り物になりそうなレシピもありますよ。

 

パンプディングにキャラメリゼを乗せて

レシピブログ  リンゴのキャラメリゼonパンプディング♪(のんちっち♪)

5mm幅くらいでくし切りにしたリンゴと水、砂糖を入れてフライパンでキャラメル色になるまで煮詰めます。グラタン皿に卵を割りほぐし、牛乳と砂糖を加えて混ぜます。耳をカットし八等分にしたパンをグラタン皿に並べて卵液を染み込ませ、その上に煮たリンゴを乗せて1200Wのオーブントースターで15〜20分ほど焼き、レーズンバターを散らして完成です。レーズンバターがなければ、普通のバターとレーズンを使ってもいいですね。休日の朝食などにいかがでしょうか。

 

子どもも喜ぶ!輪切りのドーナツ

レシピブログ  リンゴのベニエ(nicky)

リンゴは皮をむいて厚さ1〜1.5cmの輪切りにし、型抜きや飲み物のフタなどで芯をくり抜きます。ボウルに卵、小麦粉、塩、ベーキングパウダーを入れて混ぜ、リンゴにたっぷりとからませて170℃の油で揚げて両面がきつね色になったら出来上がりです。シナモンシュガーをふってお召し上がりください。子どもの喜ぶ顔が目に浮かびますね。冷めても美味しくいただけますよ。

 

パンの代わりにお麩でフレンチトースト

レシピブログ  リンゴのお麩フレンチ(tinacoco)

リンゴは皮ごと5mm幅の輪切りにして耐熱容器に入れ、バター、はちみつ、レモン汁、シナモンパウダーを加えて軽く混ぜ、電子レンジで4分ほど加熱します。リンゴをグラタン皿に並べ、その上にお麩を乗せ、卵、牛乳、メイプルシロップ、シナモンパウダーを混ぜ合わせた卵液を上からかけて冷蔵庫で一晩漬け込み、170℃のオーブンで25分焼けば出来上がりです。お好みでバニラアイスを乗せて召し上がってくださいね。

 

シナモン香るサッパリチーズケーキ

レシピブログ  アップルシナモン チーズケーキ ☆(四万十みやちゃん)

クッキーをビニール袋に入れて砕き、溶かしバターを入れてよく混ぜ、型に敷き詰めます。皮を剥いてイチョウ切りにしたリンゴにシナモンシュガーとレモン汁を振りかけ、ラップをして電子レンジで6〜8分加熱します。クリームチーズにグラニュー糖を入れてよく混ぜ、生クリーム、小麦粉、卵を加えてさらに混ぜ合わせてリンゴを加えて型に流し込みます。170℃のオーブンで40分程度焼いたら出来上がりです。バレンタインのプレゼントにもいいですね。

 

大人スイーツ、赤ワインのコンポート

レシピブログ  簡単!「林檎の赤ワイン煮*シナモン風味」リンゴ丸ごと消費♪ちょっぴり大人のデザート*(ATSUKO KANZAKI (a-ko))

リンゴは芯を抜き、皮のまま小鍋に入れて赤ワイン、水、砂糖、ハチミツ、レモン汁、シナモンスティックを加え、落としブタをして表面がフツフツとするくらいの火加減で25〜30分煮込みます。途中15分程度で、リンゴの上下をひっくり返しましょう。リンゴが柔らかくなったら完成です。芯抜き器がない場合は、果物のナイフやスプーンでくり抜くこともできますよ。

 

5分で完成!濃厚なバターコンポート

レシピブログ  濃密♡りんごのバターコンポート♪フライパンで5分♡(ゆーママ)

熱したフライパンにバターを溶かし、皮を剥きサイの目に切ったリンゴとレモン汁を入れ、リンゴから出てくる水分を飛ばすように強火で一気に炒めます。リンゴの水分がなくなったら砂糖を入れて、アメ状になるまでさらに炒め、お好みでバターを加えたら出来上がりです。そのまま食べても、パンやヨーグルトに乗せても楽しめます。リンゴはシャキシャキとした食感の「ジョナゴールド」「紅玉」などがおすすめです。

 

人気のキーワード

この記事を書いた人

ふみかさん

ふみか / 神奈川県

コーヒー好きの普通の主婦。趣味は散歩がてらの家ウォッチング。
最近子供服にはまっています。

もっと読む!

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る