qufour

ピンクの小粒じゃない!みんなの大好きな○○が便秘に効くってホント?

qufour(クフール)編集部

シェアする この記事をクリップする   

慢性的な便秘も、体調不良からくる便秘も辛いもの。実は最近、カカオ70%以上の「高カカオチョコレート」を継続的に食べると便通が改善するという、オドロキの発表がされました。チョコレートで便通改善なんて朗報ですよね。発表から、便通改善の仕組みをご紹介します。

 

カカオが便秘に効くってホント?

今回の発表は、菓子メーカーの明治と帝京大学によるもので、共同研究ではカカオに含まれるタンパク質「カカオプロテイン」の抽出に成功。これを調査したところ、消化酵素で分解されにくい「難消化性プロテイン」と判明しました。そこで20〜49歳の便秘傾向の女性に、カカオ72%のチョコレートを2週間継続摂取してもらったところ、便通が改善したのです。つまりカカオプロテインには、消化されずに大腸まで到達し、水分を吸収しながら老廃物を集めて柔らかい便を作ってくれる「便のかさ増し効果」と、腸内細菌のエサとなり腸内フローラを変化させる「整腸作用」がある可能性が見えてきたのです。

 

カカオプロテインはどう摂取すればいい?

便通改善効果が得られた実験方法は、カカオ分70%以上の高カカオチョコレートを1日約25g、継続的に食べるだけ。1日のチョコレートは何回かに分けて食べてもいいですし、一度に食べてもOKです。実験は2週間でしたが、早い人では1週間目から「便通回数」「便色」「便量」に改善が見られているのです。

 

毎日チョコを食べて太らないの?

この実験がオドロキなのは,参加した人たちの体重に変化が見られなかったことでもあるのです。実は高カカオチョコレートは糖分やミルクは少なく、カカオ豆と脂分が多いため、カロリーは通常のチョコレートと同じくらい。1日量の25gは、一般的な板チョコの1/2〜1/3程度です。食べ過ぎず、適量を継続的に摂取することが健康的に効果を引き出すポイントですね。

 

食べるときに注意点はあるの?

チョコレートには、血管を広げる効果があることが知られています。片頭痛持ちの人などが、チョコレートを食べると頭痛の症状が悪化する場合があるそうです。チョコレートを食べて具合が悪くなったことがある人は気を付けてくださいね。

 

便通効果以外にもカカオには体にいい効果がたくさん!

カカオプロテインよりも前から注目されているカカオポリフェノールには、血圧の低下、動脈硬化予防、肌の老化を抑える抗酸化作用、認知症予防など、さまざまな体にいい効果が解明されてきています。今回の便通改善効果でますます注目度の上がってきている高カカオチョコレート。継続的摂取による効果を期待して、ちょっと試してみたくなりますね。

 

◇チョコレートに新たな健康効果!世界初、注目成分の抽出成功
チョコレートの便通改善効果を確認 明治と帝京大 1月13日に発表会開催(株式会社明治リリース)
http://www.meiji.co.jp/corporate/pressrelease/2016/detail/20160118_01.html

 

◇みんなの健康チョコライフ(明治)
http://www.meiji.co.jp/chocohealthlife/

人気のキーワード

この記事を書いた人

qufour(クフール)編集部さん

qufourは暮らしに役立つ情報を毎日配信しています。忙しい毎日の中で役立つ家事のコツや、子育てのヒントなどを紹介。ぜひお気に入りの記事を見つけてくださいね。気になった記事は、クリップ機能で空いた時間にまとめ読みもできます。https://qufour.jp

もっと読む!

qufourからのおすすめ

ピックアップ

関連記事

人気の記事

ページの先頭に戻る